スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナ・マリソル 

IMG_0893.jpg


 私達が支援に参加している「青い空の会」には
 一人の子供の一年間の最低就学費と
 +αを支払っています。
 
 +αの部分は
 皆様から頂いた受講料から出しています。 
 
 今年度支援する子はアナ・マリソルちゃん。
 小学校4年生、まもなく12歳です。








4年生で11~12歳だと、日本では計算が合わないですよね。
経済的事情などで就学が遅れたり、留年してしまう子もいるらしく
スムーズな進級が難しいようです。。。





会から写真が届いたので、私達も彼女に写真を送ってお手紙も書こう♪
日本的なものを感じてもらおうと思って
京都の清水寺で撮った二人の写真を入れて、
手紙は好きなデザイナーさんが作った花火のような花柄の千代紙に書こうと思います。





小包にして何か送ろうかな?と考えていたのですが、
モノをあげることってどうなんだろう???と悩みました。
グアテマラで生まれ育った主人と話していたら

 「僕達が当たり前に目にしているものでも、
  現地の人にとっては見たことのない新しい画期的なもの
  であることが多い。

  それをあげることは、それを使うという実用以上に
  夢や希望が生まれる機会になることもある。」

と言われました。





モノをもらうことが増えてそれに慣れてしまうと
もらうことに依存してしまって努力をしなくなるんじゃないか・・・
なんていう不安もあったのですが、
必要最低限のものすらなくて困っている場所では
もらったモノで人々が夢を持ち、
今の努力が報われたらこんなものが自分で買えるようになるんだという
希望につながることもあるんですよね。





実用的なもので長持ちするもの、手にする子供達の夢が膨らむもの
を基準に考えて選んでいこうと思っていたら
義母から「運動靴」というアイデアを頂いたので
今から買いにいこうと思っています♪
そういえば、グアテマラの田舎では靴を履いていない子や
ボロボロのサンダルを履いている子が多かったな~





アナ・マリソルちゃん、一年よろしくね!




コメント

お返事

素晴らしいと思います。どんなに離れている人でも、物でも、すべて繋がっていると思います。この思いと支援が、とても大きな一歩ですね。
とても大切なことだと、本当に思います。一人ひとりが、何か出来ることを、愛をもって行えば、より幸せが広がるはずですね。

komoKonさん

コメントありがとうございます!

愛を持った行動、それは巡りめぐって自分に返ってくるものだと思っています。
つまりは自分の為にやっているとも言えます。
自分を愛することは直接的でない方が大変だけど、それだけ大きな愛につながると信じています。

真紀子さんご夫婦の温かい想いって本当に素晴らしいですね。その想いが子供の未来を変え、夢や希望を育ててあげることが出来る。それを行動に遷せることも素晴らしいことだと思います。

私の家に、まだ使っていない便箋やハガキがたくさんあるのですが、今度アナ・マリソルちゃんへのプレゼントにお持ちしても宜しいでしょうか?

アナ・マリソルちゃんの人生が素晴らしいものとなりますように。ご成長、私も本当に楽しみです♪

タカコさん

コメントありがとうございます!

タカコさんの優しいお気持ちはいつも支援の助けになっております。
ありがとうございます♪

絶望が多い世界かもしれないけど、彼女の人生に少しの光を与えるきっかけになるようささやかなお手伝いができればと思います。

彼女とのやりとりはブログでも報告いたしますね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/529-cb4be2ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。