甥っ子とクッキー作り 




昨日は姉の誕生日でした。
「何かプレゼントをあげたいんだけど...」と相談してきた甥っ子と一緒に
クッキーを焼いてあげることにしました。





材料は・・・
●国産薄力粉、片栗粉、アーモンドプードル、てんさい糖、自然塩
◎なたね油、ピーナツバター
○水(豆乳でも林檎ジュースでもOK)




目分量計量でも大丈夫!
●の材料をフォークなどで混ぜ合わせ、◎の油分を入れて
手の平と指先でで粉と油分がなじむようにこすり合わせます。
全体的に湿った砂状になるくらいに油分を加えます。
○の水を入れながらやっと生地がまとまるくらいの質感に仕上げます。
(生地を伸ばした時に生地がひび割れるか割れないかくらい)





デリケートな生地だと子供達が扱いにくいので、
多少こねすぎてもサクっと仕上がるように片栗粉やアーモンドパウダーを入れたり
油分もしっかり入れました。
いつもは普通のクッキーを食べている子供達なので、
いきなり素朴系の食感&味にするよりも
少しでも良い材料で手作りで作ったものを食べさせたいんです。
(ママの為のクッキーとは言え、食べるのは子供中心)




時間があったので冷蔵庫で生地を寝かせてから成形しましたが
すぐに成形しても大丈夫。





IMG_2175.jpg
 さあ、お楽しみの成形スタート! 
 めん棒はなぜか
 「太鼓の達人」のバチ。
 






IMG_2188.jpg
 長男レッド:どんな形にする?
 
 次男ブルー:ハートが良い!
 
 長男レッド:ママはハートで、
        僕達は飛行機にしよう!
 
 次男ブルー:ひたすらこねる...







型抜きを見せるとその小ささに「誕生日」という特別感がないことを二人で実感。
伸ばした生地そのままでいいんじゃないかと長男レッドが言い出す。
次男も賛成。



大きな生地にチョコチップで文字を書きたい!とレッドが提案したものの
チョコチップはなくてキャロブチップしかないことを告げるとあえなく却下。




だったら中に何か入れたい!とレッドがまたアイデアを出した。
オーガニックのドライアプリコットがあったので二人に味見をさせたところ、
フルーツ大好きのブルーはOK、レッドは吐き出してしまいこれまた却下。




いわゆる普通の製菓材料もあったのだけど、私の意地で子供達には見せない。
子供達のアイデアは市販のお菓子から浮かぶものが多くて
「中にとろけるチョコをいれたい」
「ジャムとかクリームをはさみたい」
「髪の毛につけられるようにしたい」
・・・などなど。
ほぼ却下になってしまったけど、アイデアが色々出てきて面白かった~




かぼちゃの種で顔を描いたらどお?と提案してみたところ、
二人とも賛成してくれたのでその方向で行くことに決定!



IMG_2191.jpg
 ソファに座っているママに
 「こっち見ないでね~!」

 レッド、ブルー、私のヒソヒソ話で成形は進む。

 二人ともこねたいようなので
 とりあえず生地を持たせる。
 レッドはこねた生地を髪の毛にしたいらしい。
 ブルーは顔を作りたいみたい。









IMG_2197.jpg
 レッド:髪を上に結んでいるのが好きだから...

 ブルー:鼻と口と目にかぼちゃの種を乗せて...










IMG_2205.jpg

 できたーーーーーー!
 ママ、お誕生日おめでとう!!!






姉にも子供達にも大好評のクッキーができました♪
 
 IMG_2217.jpg





コメント

ふふ♪
意地で普通の製菓材料を見せなかったんですね
パソコンの前で笑っちゃいました
うさ吉がデザートやスイーツを全く食べない(基本的に間食をしない)人なので、この数年、クッキーすら焼いたことがありません
これからは子供達と一緒に作ったりするようになるのかな
楽しみだな
そして、娘に「パパのために作ったの」なんて言われたら、うさ吉も食べない訳にはいきませんよね
その時の顔も楽しみです

そうそう、リンクを頂きますね♪

うさこさん

コメントありがとうございます♪

ご主人様は間食なさらないからあんなにスリムでスマートなのかしら(お写真で確認)。
でもうさこさんがお子様と一緒にお料理するようになったら劇的に変わりそう!
うさこさんの近況もベイビーの成長も、ブログで楽しみにしていますね♪



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/577-c4edb554