スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お弁当を作り始めました 

 IMG_2954.jpgIMG_2985.jpg
 IMG_2983.jpgIMG_2959.jpg




とは言っても簡単なものですが。
主人の通っている校舎には食堂がないんですって。
なのでお昼は近くの校舎に行って食べるか、
普通のカフェなどに行くか、
買ってきた・持ってきたものを食べるか、らしいのです。




手作りで安心材料で美味しくって安くて、なんてお店はあるはずもないので
お弁当を作ることにしました。
美味しいかどうかは別として、体調管理の為!
主人の体はシンプルなので食べ物が頭の回転とか体調に直結しているんです。
マイナスにならないように、せめて0、よくてプラスになるようなお弁当を
作っていこうと思います。




周りの学生が見ても恥ずかしくない感じに、
カジュアルに、ラフに、サンドイッチを作ってみました。
初めから気合を入れるとつまづくのは目に見えているので、
残りもののおかずを活用して短時間でできるものを。
中身は・・・
 
 人参のラペ:細切り人参を塩、オリーブオイル、粒マスタード、
       レモン汁で和えた簡単サラダ
 
 オムレツ:玉ねぎを炒めて、卵、塩、豆乳を溶き合わせて焼いて
      ゆるいオムレツにしたもの
 
 くるみパン:表面にオリーブオイルを塗ってフライパンで軽く焼きました

 きゅうり、アボカド、塩




今までこちらで紹介したお料理には登場しなかった「卵」を使っています。
写真に写っているのは
チャールズ皇太子のオーガニック食品会社「DUCHY ORIGINALS」の卵です。
このブランドはWaitroseという近所にあるスーパーとも提携しているので
パン、魚(オーガニックなサーモンがあります)、乾物などよく買っています。




ちなみにこの卵は6個入りで1.7ポンド(約230円)で販売されていて、
このスーパー以外でもオーガニック卵(放し飼い、有機のエサ)はよく見かけます。




卵を料理に使うようになった理由は単純で、
主人のご馳走であるの魚の種類が少ないのでその代わりのエネルギー源として、
それから私もオーガニックのエサと放し飼いで育てられた卵が
食べたいと思ったんです。




この卵は黄身の色が薄いんです。
これを見て「小さい頃に飼っていたニワトリの卵と同じだ!」と嬉しくなりました。
色が濃い方が栄養があるように見えて、新鮮そうに見えて、良い卵っぽいんですが、
「自然」に育てられた卵の黄身って薄い黄色が多い気がします。




同じくニワトリを飼ったことがある主人が
「黄身の色はエサの色で変えられる。青にも緑にもできるんだよ。」
と言っていました。
ターメリックで色をつけたとうもろこしをエサにすると
濃い色の黄身ができる、とも聞いたことがあります。




毎日卵料理を作っている訳ではないですが、
卵はボリュームが出るし、調理が簡単だし、
主人の食欲もそそるので便利に使っています。
玉ねぎ、ねぎ、トマト、マッシュルーム、大根おろしなどを組み合わせて
上手に体のエネルギー&上手に消化もポイント。




昨日は夜8時頃まで予定が入っていたので、
予備のおにぎりも作りました。
鍋炊き玄米はおにぎりに適さないので、
白米に手作り梅干と葉唐辛子の漬物。
こちらは余分に作って他の日本人学生にもおすそ分けしてもらいました。
日本人学生は単身渡英している男性が多く、
8月初旬から来ているようなのでそろそろ日本食が恋しい頃かなと思って。
(好評だったみたい~♪)




こんな感じなら主人も恥ずかしくなくみんなと一緒に食べられそうなので
これからも頑張って作るぞー!
こちらでも報告させてくださいまし。





写真の右下はさっきリビングから見下ろした時に撮ったもの。
アパート前の広大な公園には
放牧されている牛が毎朝どこからともなくやってくるのですが、
今朝はアパートのすぐ下まで来ていて、通勤通学の妨げをしているところ。
広いんだからなにもそんな小さな面積の草を食べにこなくてもいいのに・・・




もちろん公園内の歩道にも糞をしてしまったりするんですが、
全くと言っていいほど臭わないんです。
色も緑の繊維質で・・・(お食事中の方ゴメンナサイ!)
たまに大きな声で鳴いてみたり、自転車を通せんぼしたりするけど、
かわいい牛達です♪





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/597-a2dadc68

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。