週末のおもてなし/おでかけ 

 IMG_3640.jpgIMG_3653.jpg
 IMG_3764.jpgIMG_3735.jpg




写真左上:ノアとオムリ

 主人のクラスメートのノアとご主人のオムリがディナーに来てくれました。
 彼らはイスラエル生まれのユダヤ人です。


 ディナーは金曜の夜、ユダヤ教でいうところの安息日の始まりということで
 シャバス(安息日)のセレモニーをしてくれました。
 ろうそくに火を灯して、ワインを注いで
 シャバスの祈りでディナーを始めました。

 
 私達にユダヤの習慣を経験をしてもらおうと
 わざわざシャバスグッズを家から持ってきてくれたのです。
 

 差別でも区別でもなく単なる得意不得意という感じなのですが、
 誤解を恐れず正直に言うと(前置きが長い!)、
 私はイスラエルの人と接するのが苦手でした。。。


 イスラエルが抱える問題が大きなものに見えて、センシティブな気がして、
 私の学習と理解が及ばないというのが大きな理由ですが・・・
 世界一周旅行をしている時に何人ものイスラエル人に会いましたが
 みんな軍隊の任務を終えた直後のようで
 精神的に疲れている人が多かった気がします。


 とにかく腫れ物に触るような感じになってしまって
 どう接したらいいのか分からないのです。
 でも、ノアとオムリはそれを一気に払拭してくれました。
 

 彼らはイスラエルの現状、世界がイスラエルをどのように見ているのか、
 イスラエル以外にいるユダヤ人の状況、戦争のこと、軍隊のこと・・・
 私がセンシティブだと思って触れられなかったところについて、
 彼らの意見を色々と聞かせてくれました。


 ゲイツファウンデーションに所属し国際的に活躍している彼らは
 自分達を客観的に見る・語ることに慣れているんだなと感じました。
 

 「人間は根本的にはみんな同じだと思う、
  嫉妬するし、憎しみあうし、笑うし、喜ぶし、安心を求める」
 オムリはそう言って静かに笑っていました。
 彼の両親は「人間とは何か?」という大きなテーマを掲げて
 コミューンを運営しているようでそこでの面白い経験を話してくれました。
 

 ノアはヘブライ語に加えて、英語、アラビア語、スウェーデン語、
 スペイン語、フランス語などを操るようです。
 パレスチナ人の友達も多いしアラブ諸国の友達もいるようで、
 イスラエル・パレスチナ間の平和を築く為に尽力しています。
 

 二人にはいい意味で壁がなく、
 文化の違いを乗り越える思いやりの温かい心があって、
 とてもいい刺激を受けました。
 
 
 そそ、作ったものはこの前とほぼ同じ。
 おうちでおもてなし一回目のお決まりメニューのようになっていますが、、、
 ノアがベジタリアンなので、魚類を混ぜないように気をつけました。
 この前と違うところはファラフェルを作ったところかな。
 スパイスは少なめにしましたが、二人とも喜んでくれました♪
 
 




写真右上:マーケットで売られていたかぼちゃ
 
 今週末はハロウィーンのお祭り。
 アメリカほどではないかもしれないけど、
 ケンブリッジでもハロウィーン関連で盛り上がっていて
 グッズもたくさん売られています。


 大きなかぼちゃは食用ではなく観賞用。
 手ごろな大きさで300円~500円くらいで手に入ります。
 

 主人の学校でもハロウィーンパーティがあるようで、
 仮装して来るように!との指示がある招待状がきました。
 

 こんなこともあろうかと、パーティで使った変装グッズを持ってきたんです。
 牛乳瓶の底メガネ、付け髭、バニーヘアバンド、ミニスカ制服(友人提供)・・・
 でもハロウィーンって怖い仮装だったような。


 どうにか怖い変装を考えて楽しんできます♪


 



写真下:キングスカレッジとケム川

 週末の3時間くらいだったけど、
 二人でのんびりな時間が取れたので街を散歩しました。


 週末は観光客が押し寄せ、家族連れが外に繰り出し、
 街は人で覆われます。
 活気付いている街は平日とは違った雰囲気で元気をもらえます。


 キングスカレッジの教会はケンブリッジの顔と言ってもいい建物です。
 過去の王達が莫大な資金をかけて建てただけあって、荘厳で美しい!
 またここの聖歌隊が素晴らしいようなので
 いつか日曜日のミサに参加してみたいと思っています。  


 ケム川からひょっこり顔を出している私が若干ジャマですが・・・
 ボートに乗って棒を使って進むパンティングもケンブリッジ名物。
 と言ってもまだやったことがない!
 いつか晴れた日に食事をしながら川を下ってみたいなと思っています。


 まだまだ楽しみがあるわ~♪
 





写真はないですが、週末には十色会という日本人の集まりにも行ってきました。
ケンブリッジ大学関係の学術的な人々の集まりだったのですが、
年齢層が若くて満ち溢れるエネルギーがあって刺激的でした。
あらゆる側面から「世界を変える」人々って
こういうところから出てくるのかなと感じました。



手作りの和食やイギリス料理、お菓子を持ち寄ってくださって
こちらも楽しかったです~♪
私も主人も調子に乗って食べすぎました^^;



主人は明日から新たな忙しい週が始まります。
ボートもチームメンバーが決まったようで、本格的になってきました。
私もとりあえず色々なところに顔を突っ込んで
楽しもうと思います!





 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/621-7b2b8f66