ちょっとした英語の違い 




毎週2回、英語の学校に通っています。
アングリア・ラスキン大学というところが開催しているフリーレッスンです。





先生の卵が練習の為に開いている無料のクラスなのですが、
あなどるなかれ!
初めの集まりでは自己紹介のwritingとインタビューによるテストが行われ、
その後それぞれのレベルに分けられてクラスを受けます。



クラスは監督の先生がいて卵先生とレッスンの内容をチェックしているし
授業中もどんどん指されるし
2時間みっちりクラスの後には毎回けっこうな宿題もでるのです。



宿題を提出することは義務ではないのですが
私にも卵先生にとっても勉強になるのでwin winです♪
卵先生達はみんな一生懸命なので丁寧なフィードバックをもらえます。



1ヶ月レッスンに通ってみて、また住んでみて、
イギリス英語のちょっとした特徴に気づきました。
そして私はこれまでアメリカ英語に多く触れてきたことも再認識しました。



下記に挙げるのはイギリスで使われている・よく聞く言葉です。
()内は私が使っていた・発音していた言葉です。

 ・なす→ aubergine(egg plant)
 ・ズッキーニ→courgette(zucchini)
 ・ふとん→duvet(comforter)
 ・薬局→chemist's(pharmacy)
 ・さよなら、ありがとう→Cheers(Bye,Thanks)
 ・ビタミン→ヴィタミン(ヴァイタミン)
 ・何かできた時、ほめる時など→Lovely!(Good!,Great!)
 ・持っているかどうか聞く時→Have you got~?(Do you have~?)
 


以上は私が今までの生活で気づいたことなので
イギリス英語の特徴をもっと知りたい方には物足りないと思いますが。
英語の違いは主人のクラスメート間でも話題になるらしく
「また新しい言葉覚えたよ~」と言って嬉しそうに使っています。



こちらに来て特に私が好きになったフレーズが「Lovely♪」。
買い物をする時にいつも「袋に入れますか?」と聞かれるのですが、
「いや、自分のバッグを持っています」というと「Lovely!」
クレジットカードのレシートにサインをしても「Lovely!」。
なんとも聞き心地が良くって、言われると笑顔になってしまいます♪



私のクラスの生徒にはスペイン人が多く、
他にフランス、イラク、トルコ、チリ、ブラジルなどから来ています。
いつも出席率がとても高く、
仕事の為に英語をブラッシュアップしに来ている人が多いので
発言も活発でクラスメートと英語で会話をしても勉強になります。



クラスの後は待ってました!かのように
スペイン人がスペイン語でおしゃべりを始めます。
スペイン語の簡単な単語は拾えるのですが(特に食べ物関係!)
私にはまだまだ難しい・・・



とりあえず英語だけでも上達させよ~
今日も今からクラスに行ってきます。
夜はヴィーガンナイト、どんなお料理が出るか楽しみ♪





コメント

ひさしぶりー^^

まきちゃんのイギリス生活実はずっとこっそり見ていました!
いろいろ大変なこともあるのだろうけど、いつもすごくいいエネルギーに溢れた日記だなと思って読んでました。

お弁当見るの楽しい!参考にさせてもらいます^^

にっちさん

コメントありがとー♪
富山で元気に過ごしていることと思います。
連絡嬉しい^^

こっちは間もなくサマータイムが終わり徐々に寒さが増して日が短くなって・・・気持ちだけでも明るくいきたいところです♪

またブログのぞきにきてね~!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/623-08983da4