Yo! Sushi 

 IMG_4421.jpgIMG_4412.jpg
 IMG_4406.jpgIMG_4415.jpg





先日、回転寿司の「Yo! Sushi」がケンブリッジにお目見えしました~。




Yo!Sushiはイギリスに本社を置く会社で、
寿司だけでなく餃子、照り焼きチキン、焼きそばなどの家庭的な和食を提供していて、
ロンドンなどの大きな街では定着している和食チェーン店のようです。



海外に来て外食で和食を選ぶことはほとんどないのですが、
行ってみると和食がその地域の人々にどのようにとらえられ、
どんな風に受け入れられているかを知るのに役立ちます。



そして面白い経験をすることも。
ペルーで食べた味噌ラーメンは
お味噌汁にうどんが入っていたような感じだったな~。



今回はたまたま日本人のお友達:Nさんに誘って頂いたので
喜んで行ってきました♪
(Nさん、ご馳走さまでした~!)



お店のライトアップは昔にイメージした「近未来」な感じ。
青白く光る店内は明るくて活気が満ち溢れていました。
店員さんのテンションも高くって、何を頼んでも(いや、頼んでないのに)
どこかの居酒屋のような「はい!よろこんで~!」状態。
それだけで楽しい♪



基本的には日本の回転寿司と同じ要領で、回っているものを取るか、
ないものは個別に注文するシステム。
テーブルには醤油、わさび、ガリがセットしてあります。



まずは無難にかっぱ巻きやアボカド巻きを食べてみました。
おっいける!
しゃりはぎゅうぎゅうに巻かれているのかな?硬いのかな?と思っていたのですが、
そんなことないです。
程よい温度のしゃりがふっくら巻かれていて、味付けも普通。



次にNさんに聞いていたちょっとビックリなお寿司を食べてみました。
写真左下の巻き寿司なんですが、周りがトビコかと思っていたら・・・
七味!!!
うーーーん、このお寿司に七味が絶対合わないわけではないけど、
口の中は七味で占領されました。ゴマでもいいんじゃないかしら。
色味はキレイなんですけどね。



それにしても次々に出てくるオモシロお寿司。
写真右上は中にエビ?のフライが巻いてあって、
外側は魚卵にわさび風味をつけたものらしいです。
それにしても蛍光グリーンにしなくても・・・
私は食べてないのですが、お味は少し甘みがあったようです。



チャーシューのようなお肉の巻き寿司には
とっても甘くて八角の香りが強いソースがついていました。
ソースを付けるともはやお寿司と呼べなくなる感じのようで、
醤油の方がおいしかったみたいです。



野菜餃子があったので頼んでみましたが、
皮がカリっと焼けてて美味しかったです~♪

IMG_4411.jpg



その他にはどら焼きや一口大福のようなお菓子も回ってきます。
子供も楽しめそうね。



お菓子にしてもかっぱ巻きにしても一皿100円とはいかず、
お高め設定。最低でも一皿約250円、高いもので約650円以上します。
回転寿司だからと言って日本の感覚でお腹いっぱい食べたら
お財布が不安になっちゃうかな~。
自費学生にとってはかなりの贅沢品です。



友達や主人のクラスメートから
「寿司は高いから外食に行けない、作れるなら教えて!」と
リクエストがあるので、今回の経験を生かして色々作ってみよ~♪
外国人に受けそうな味や好みも調査できていい勉強になりました。



それにしてもサーモンは美味しかったな~!
サーモンは外食してもスーパーで買っても今のところハズレがない。
生食できるサーモンはなかなか手に入らないけど、
またスモークサーモンでお寿司作ろうっと♪





コメント

シンガでもサーモンは外れがない気がします

わさびはどんなお味でしたか?
こちらは「溶きわさび」なのかなぁ、気の抜けた感じのものが置いてあります
そして、スパイシーなものが大好きな国民性なので「お醤油にわさびをちょっと溶かす」ではなく、「わさびをしきつめたお皿にお醤油を少したらす」という食べ方がメジャーなようです

そして、ヘンテコなロール達♪
最初は「海老フライが巻いてある」って驚きましたが、ロールそのものをフライしているものとかもあって・・・もう笑うしかありません

うさこさん

コメントありがとうございます!

サーモンはシンガでも美味しいんだ~
わさびは西洋ワサビに色をつけた溶きわさびだと思いますし、やはり気が抜けたような感じ。
ワサビに醤油をちょこっとって、想像しただけでも鼻の奥がツーンとしました^^

シンガにも面白寿司がたくさんありそう!
世界の寿司という視点で食べ歩くのも面白いかもしれませんね。
どこまでを寿司として認識したらよいのやら^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/641-7187a213