コンサート/ Potluck Party/ 雪 

 IMG_4587.jpgIMG_4653.jpg
 IMG_4624.jpgIMG_4681.jpg





写真上:Music in Cambridge

 ケンブリッジでは毎日のようにどこかで音楽会が開かれています。
 チケット代が約30ポンドのものから無料のものまで、
 そしてホールや会場を貸し切るものから
 チャペルや美術館で開催する気軽なものまで様々です。


 こうした情報は主に口コミで知ることが多いです。
 私のところに舞い込んで来るイベントはMBA関係、MBAのパートナー関係、
 ケンブリッジ市関係、大学に関係しているパートナー向け・・・など
 本当に多くて、親切にもメールを登録しておくと都度情報をくれるんですけどね。
 

 パートナーもケンブリッジ大学の一員のように扱ってくれる姿勢や
 チャリティの意識が高いからなのか色々なことが安価orフリーで体験できること、
 子供から高齢者まで楽しめるイベントがたくさんあることなどを考えると、
 住んでて本当に気持ちがいいところなのです。


 でも、そのイベントの数の多さに見逃すこともしばしば。。。
 パンフレットやメールの情報も見ますが、
 週に2度のミーティングや集まりで友達の話を聞く情報が一番役立つかも。
 
 
 このコンサートの情報もお友達から聞いて
 一緒に連れて行ってもらいました。


 写真左上はクレアカレッジでのコンサート。
 白いシャツの彼が歌を歌ったのですが、
 20曲もの曲を、歌詞も何も見ずに、
 全く間違えることなく歌いこなしました!


 歌には抑揚がなく、韻を踏んでる早口言葉のような歌詞だったので、
 暗記するだけでも難しいのに。。。
 ケンブリッジ大学生の暗記力を見せ付けられた感じでした。
 最後はスタンディングオベーション!

 
 13時から行われたこのコンサートは 
 食休みの癒しには最高!しかも無料です。


 写真右上はフィッツウィリアム美術館で行われたコンサート。
 ピアノの演奏と共にメゾソプラノの歌い手が奏でる
 情熱的で、繊細な歌声は心に響くものがありました。
 目では絵画を鑑賞しつつ、耳からは澄んだ歌声が入ってくる時間は
 なんとも至福です。
 週末のランチタイムに開催されたこちらのコンサートもフリー。


 美術や音楽は魂へのサプリメントだと思っています。
 いい栄養は口からの食べ物だけでなく、目からも耳からも。
 

 こんな日常をあとどのくらい過ごせるのかしら。
 すでにここを去る日を考えると淋しいです。






写真左下:ブラウンライスパイ

 以前にパン教室をご紹介したインターナショナル・ウィメンズ・グループ
 でのイベントで、持ち寄りパーティがありました。


 日本人も多く参加しているのできっと日本食は色々と揃うはずと思い 
 私はマクロビオティックの紹介も兼ねて玄米を使ったものを持っていきました。
 

 フィロ生地を4枚くらい重ねた上に
 マッシュルームやリークなどを入れて洋風に炊き込んだ玄米を敷き詰め、
 その上に豆腐で作ったフィリングを乗せました。


 豆腐フィリングはチーズっぽい風味を出すために、
 にんにく、オリーブオイル、梅酢で味を付けました。
 白味噌も入れればよかったな。
 そしてアクセントにくるみを忍ばせ、人参を飾ってできあがり~
 

 食べた方に「美味しかった!」と言ってもらえたし、
 「ほぼ全てオーガニック素材でビーガンなんだよ」と説明をしたら
 マクロの料理に興味を持ってくださる方も多くいて嬉しかったな~♪


 私ははマクロの理論や料理だけを広めるというよりは、
 ローカルで質のいい食事や、手作りの食事、バランスのとれた食事、
 昔から長年続いている食事などに注目してもらうことから
 食や環境の話へつながっていくことが多いです。
 

 マクロ用語をたくさん使ってそれを一つずつ説明するよりも
 身近な共通の言葉で話をすることで私も勉強になることが多いです。

 
 そして常に自分の体や周りの環境という「結果」を観察しつつ、
 柔軟に視野を広く持って考えていくことも大切にしなくちゃね。




 

写真右下:雪
  
 先週末の今冬初雪の日以来、寒い日が続いています。 
 連日の雪で歩道や日陰は凍っています。


 ケンブリッジに長年住んでいる人に気候のことを聞いたら
 「去年はとっても寒くて、雪もたくさん降った。
  今年のパターンは去年に似てる気がする。
  長くて寒い冬になりそうね。」
 ・・・とのこと。


 主人のクラスメートには
 雪を見るのが初めて・降っているところを見るのは初めてという人もいて、
 子供のようにはしゃいでいる人も多いんだとか。

 
 主人と同じグループにいるインド人はモッコモコに着込んでいて、
 かたやロシア人は薄いシャツ一枚でOKという状況が不思議と言ってました。
 ロシア人は寒さに慣れていますものね~。


 今日から12月、ますます寒くなって
 ますます時間が経つのが早くなりそう。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/642-eb5d5395