スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モロッコ:魅惑のマラケシュ 

 IMG_5243.jpg





ただいま帰りましたー!!!





実は2日前に帰国したのですがスペインで風邪をひいてしまい、
帰路はグダグダになって男2人に支えられながらようやく帰れたという感じです。



今日はやっと調子もよくなったのでパソコンに向かっております♪
思うように動けるって嬉しい!!
調子に乗って外に出たら雪がわんさか積もってて
マイナス3度の世界でした・・・今日は気温がプラスにならなかったな~。



さてさて、旅の報告をさせてくださいませ!



今回の旅は主人達クラスメートの「1学期修了お疲れ遠足」のような感じ。
冬休み突入と同時にとにかく羽を伸ばそうー!という人々が集まり、
少しずつ合流を重ねて総勢14人の友人達がモロッコに集合しました。



航空会社に入ってすぐの頃、
先輩に「今まで行った中でどこがよかったですか?」って聞いたら
「モロッコのマラケシュ、面白いよ~!」
って言っていたのがなんとなくずーっと頭に残ってて、
いつか行きたいなと思っていました。



ケンブリッジからルートン空港に向かい、
初体験のライアンエアでマラケシュへ。
 (初めてヨーロッパの格安航空会社を利用する方、
 ↓のHPが参考になります)
 http://europe.s9.xrea.com/index.html

 

「そういえばSATC2の撮影場所はモロッコだったね~」なんて話を
アメリカ人のエリカとしつつ空港に降り立ってみると、
まさにマラケシュの空港だったことが判明!!
エキゾチックな雰囲気をかもし出して素敵な建築です。

 IMG_4948.jpgIMG_5308.jpg



泊まったところはリアドと呼ばれるモロッコスタイルの宿。
大きな邸宅を改築して宿にしているところが多く、
中庭や大きな広間を囲むように部屋が配置されています。
ちなみに私達はRiad34に泊まりました。
(昼と夜の雰囲気、屋上)

 IMG_4987.jpgIMG_4968.jpg
      IMG_5008.jpg




夕方に到着したので、宿に荷物を置いて一息ついたら夕飯時!
屋台が繰広げられるフナ広場に行きました。
一瞬火事かと思うくらい、屋台から蒸気やら煙が上がっています。

 IMG_5135.jpg



屋台には最近日本でも流行っているタジン鍋はもちろん、その他にも
肉や野菜のケバブ、揚げた魚介類、フライドポテト、オリーブのピクルス、
肉類の煮込み、トマトのサルサ、ナスの素揚げ、クスクス、白米、丸いパン・・・
色々と並んでいます。

 IMG_4970.jpgIMG_4973.jpg



最終日までに肉類以外はとりあえず一通り食べてみましたが、
どれもスパイシーではなくって素朴な味でした。
辛いソースは後付けでくれます。
土地柄かな、野菜類の素材自体の味が弱い気がしました。
ソフトすぎるような、物足りないような。



モロッコはアフリカの北、冬の寒さはあります。
昼間は半そででいられましたが、夜は薄手のコートが必要なくらいです。
そんな中のタジン鍋は温まったな~



次の日はみんなで郊外の村へ、滝を見に行きました。
結構ハードな道なき道を登りようやくたどり着いた場所は
澄んだ水と美味しい空気で溢れていました。

 IMG_5183.jpgIMG_5170.jpg


マラケシュの、特に旧市街は空気がキレイとは言い難く、
バイクの排気ガスで視界がぼやけてむせ返るほど酷い状態でした。
みんなそれに参っているところがあったので、
今回の大自然の旅はみんなの肺も喜んでいたはずです♪



ここには9人で行ったのですが、
岩に登ってみたり、面白い写真を撮ったり、水に入ってみたり
はしゃぎまくってました。
パートナーズはもっぱら注意する方。
「早くしなさーい!」「コラ!走らない!!」とか、
気分はすっかりバケーションになってる「子供達」は
とにかく収拾つかないので統率するのも一苦労でしたわ~



そんな中、インド人奥さま:パルールは威厳があったな。
インドでは何人ものサーバントをマネージしているだけあって
「アメとムチ」の使い方が上手!学ばなくっちゃ。



この日の夜は屋台ではなくレストランへ。
以前マラケシュに住んでいたことがあるアメリカ人のブレンドンが
アレンジしてくれたお店:Le Foundoukへ行きました。

 IMG_5223.jpgIMG_5254.jpg



暗くて写真がうまく撮れてませんが、、、
旧市街のピンクの高い壁に閉ざされ、排気ガスが漂う小道から一歩中に入ると
そこはセンス抜群の別世界が広がっていました!



フレンチ&モロッコスタイルの料理がありますが、
フレンチがおススメ!ちょっとお高いけどそれだけの価値はあります。
私が頼んだのは数種の魚介を海苔で巻いて蒸してあるもの。
盛り付けも素敵で美味しかったな~♪
デザートはピスタチオのクレームブリュレが抜群でした!
タジンやクスクスの味に飽きていたのかしら、
いつもならちょっとヘビーなフレンチがとても美味しく感じました。



ここにはクラスメート&パートナーズが14人集まりました。
迷路のようなマラケシュの旧市街でよく集合できたね~と
小さな奇跡をみんなで喜びました。
日本人だけだったら外国に行っても待ち合わせは簡単なんでしょうが、
あらゆるバックグラウンドをもった人たちとのそれは結構大変。。



モロッコに着いて初めは躊躇していたけど、
途中から仕切り屋になってました。
みんなの体調とやりたいことを考慮し時間の流れを決めて、
みんなに伝えて、地図をみて、歩いて、、、
って、当たり前のことなんだけど誰か仕切らないと自分の時間も無駄になってしまう!
限られた時間・空間で人をいかに快適に調整するかは得意の仕事、
大きな男達が思うように動いてくれるのは気持ちがよかったわ~♪




次回はモロッコで習った簡単なおやつの作り方をお知らせします!



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/648-6d7c7cda

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。