子供時代に戻って 

 RIMG0299_convert_20110211044145.jpg
  RIMG0275_convert_20110211044555.jpgRIMG0283_convert_20110211044821.jpg
 写真上:インドネシア人のイアーと息子のマックス
 写真下:飾り巻き寿司:クマとお花




パートナーズのポットラックパーティに行ってきました。




ポットラックパーティは月に1度は必ず、
多い時には2度開催しています。
最近ではパートナーズの結束は益々強くなってきて
嬉しいことも、悩み事も、夫に対するちょっとしたストレスも、
色々と共有できて一緒にいて本当に楽しい仲間達です♪



毎回何かしらテーマがあるのですが、今回は「Back to childhood」。
子供の頃に好きだったもの・嫌いだったもの、
子供が好きそうなもの、
自分が子供に作ってあげたいもの、・・・
それぞれが工夫をこらしてお料理を作りました。



私が作ったのは「飾り巻き寿司」!
いつか作りたいと思っていたんです~♪
これは子供にも受けそうだし、自分も子供がいたら作ってあげたい!
ネットで写真をみて、見よう見まねでクマさんとお花を作ってみました。



私はもの心ついた時から父母の経営しているお店の厨房で料理をして遊んでいました。
両親も他のスタッフも忙しかったのであまり構ってもらえなかったのですが
お手伝いをすればその場にいられたので、
みんながやっていることをマネして何かしらしていました。
なので料理の「見よう見まね」は得意なんです。



ちゃんとした作り方はもっとコツや工夫があると思いますが、今回は私流で・・・
まずデザインを紙に書きどの部分をどの素材にするかを明確にします。
今回の素材は白米、玄米&黒米を別々で炊いて酢飯にし、
中のフィリングは人参と茹でたネギとシンプルにしました。



お花は細く切った海苔で小さなまき寿司を5つ作り、
人参に海苔を巻いてこれを中心になるように5つの細巻きで周りを囲み、
大きな海苔の上にご飯を敷いてネギをランダムに置き、花部分を巻きつけました。
花びらの溝にご飯を詰めて入れて空間がができないように気をつけました



お花は上下がないので、比較的簡単にできましたが
クマさんは顔の形や鼻・口・耳などの位置がずれると可愛くないので
その辺に気をつけて微調整をしながら作りました。
鼻と口の部分から作っていき、徐々に外側の部分を作っていったのですが、
鼻・口部分が予想以上に太くなってしまったので、一番外側を巻く時には
海苔の長さが足りなくて2枚をつなぎ合わせて巻きました。



材料はシンプルだけど見た目にインパクトが強いので
みんなにもウケがよくって、嬉しかったな~♪
もったいなくて食べられない~!ダンナにも見せるから持って帰る!って言って
持って帰ってくれた子もいました。



しかしながら、イギリスに来てからよく寿司を作っています。
困ったことに最近は主人のクラスメートの中で私が「寿司の先生」と
なっているらしいのです・・・
伯父が寿司職人なので、もっと習っておけばよかったと後悔しているところです。
(一良兄ちゃん、日本に行った時には習いにいくよ!!)



みんなが作ってきたものは、やはりデザートが多かったかな。
小さい頃ママに作ってもらったカップケーキや
色がキレイなパウンドケーキ、ココナツ風味のタルトなど。



今回のホスト、インドネシア人のイアーは
米粉が入ったマフィンを作ってくれました♪
インドネシアでは小麦よりも米の方が主流。
イアーは小さい頃に米をあまり食べなかったらしく、
米を使ったデザートだったら食べたのでママがよく作ってくれたらしい。



料理を楽しんだ後はみんなで「子供時代」をテーマにゲームなど。
まずは子供の頃の思い出を紙に書きその紙を集めてシャッフルし
一枚ずつとってそれぞれ読み上げ、その紙を書いたのが誰かを当てるゲーム。
これは子供時代を知るだけでなく、両親とどうやってすごしたか、
どんな環境でそだったのかなど意外な側面を知るいいきっかけになりました♪



それから誰もが持ってる「体にある傷」について、それぞれ語りました。
これが面白かった~!
自転車で転んだ傷、兄弟姉妹とケンカしてできた傷、交通事故にあった傷、
生まれながらにある障害・・・などなど、みんな傷という歴史を持っていました。



私はお腹にある盲腸の傷について話をしました。
幼稚園時代のことですが手遅れ気味の手術だったので、
かなり大きな傷が残っています。
「よく生き延びたね~!」「今どこかに影響あるの?」などなど
色んなコメントに答えつつ、
気がつくと今までみんなに話をしていなかった自分を語っていました。



この話を通じて、それぞれを深く知ることができました。
それぞれに体を使って今まで笑って努力して涙して生きてきたんですもの、
その歴史はどこかに刻まれているはず。
心の傷として、流産した経験を話してくれた子もいました。




傷は色んな意味でその人の人生に影響し、たとえ傷は表面的なものでも
深く深くコアな部分を揺さぶって人となりの一部になっている気がしました。




次回のポットラックは月末、今から楽しみです~♪





コメント

かわいい♪

最後の料理教室にお伺いしたとき以来でお久しぶりです~

まきこ先生、さすが上手♪
飾り巻き寿司、かわいいですよね!


私は飾り巻き寿司がかわいくて大好きなので、とうとうインストラクターの資格を取ってしまいました!!!
(…アピールになってしまいましたが)世界に広めるべくまきこ先生にもすぐできるものとか教えてさしあげたかったですー

ひとみさん

コメントありがとうございます~!!!
こちらこそご無沙汰しています^^

飾り巻き寿司のインストラクターだなんて、かっこいいーー♪
私のはお恥ずかしい作品で恐縮ですが(苦笑)、日本でまたお目にかかれたら習いにいきたいです!
素敵なブログ、リンクさせてくださいね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/672-9f2b29ef