スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サプライズパーティ1 

 RIMG0554_convert_20110221024448.jpg
  RIMG0562_convert_20110221025008.jpgRIMG0572_convert_20110221024836.jpg





巻き寿司のクラスをやって以来、
ラテン系の友達が毎週のように集まって熱心に練習してくれているようです。




先週のある日、「ご飯の洗い方からちゃんと習いたい」とのことで、
メキシコ人:ラウラのおうちで6人のプライベートレッスンを開催しました。



前回は時間がなくてごはんの炊き方を見せられなかったのです。
でも、寿司はシャリの出来栄えがとっても大切!
なので今回はお米の選び方、洗い方、炊き方、合わせ酢の混ぜ方など、
初めからじっくりと説明しました。

RIMG0551_convert_20110221033914.jpg



「何度やってもごはんがうまく炊けない、レシピ通りに作ってるのよ」
と言っていたので私も一緒に原因を追究をしようと、そう言っている彼女の
キッチンで一緒にシャリを作ることにしました。
ほとんどの人が炊飯器を持っていないので
鍋で簡単に炊ける炊き方を教えていたのですが、水加減・火加減の調節が必要。



まず、必要な道具を揃えようとしたら・・・

「メジャーカップは?」「ないよ」
「計量スプーンは?」「それもないよ」
「何でお米と水を計ってるの?」「うーん・・・このコーヒーカップでなんとなく」

ということで、原因はすぐに分かりました。
この「いい感じでいい加減な」ラテンの雰囲気、私は大好きです。



もちろんコーヒーカップでも「ちゃんと」計ればできます。
なので彼女のカップできちんと計ることから始めました。
「ないから買う」ではなく「あるものを使えばいい」んです。
米、水、鍋・・・など作る環境と食べる人はいつも違う、
常にそれに合わせてねって説明したけど
そんなこと私よりもラテン人が一番よく知っているような気がします。



10時集合で作り始めよう!という時間割は
当然のように1時間遅れで11時にスタートしましたが、
無事に20本の巻き寿司が出来上がりました♪
それぞれのパートナーも学校から寿司ランチを食べに集まってきたので、
私はキッチンで巻き寿司をひたすら切っていました。



そこへチリ人のアレハンドロと主人が来て
「まき、アレハンドロが天ぷらの作り方を知りたいんだって」
と言うので説明をしていたのですが、自分で作りたいのか
やけに詳しく聞いてくるので「今度一緒に作ってあげるよ」なんて会話をしていました。



巻き寿司を切り終わって、お腹も空いてきたので
「みんなで食べよ~♪」とリビングに行ったら
部屋には「HAPPY BIRTHDAY」の旗が飾られ、ケーキにキャンドルが!!!
この日は私の誕生日の数日前。
アレハンドロと主人はみんながケーキやら飾り付けやら準備している間に
私がリビングルームに行かないように&見えないようにブロックしててくれたのです。
(写真上)



やっとアレハンドロと主人の「壁」が崩れて、
リビングを見てビックリしているところ↓
 
 RIMG0555_convert_20110221034157.jpg



いつの間にか私のカメラを見つけて写真を撮ってくれたところも憎いです。
驚きと感動で涙が止まりませんでした。



イギリスに来て半年、あらゆる国・地域の人と友達になったけど
ようやく深い絆になりつつあるのをお互いが感じています。
主人のMBAが終わるまであと半年弱、
あと半年でここにいる友達が離れ離れになってしまうことをみんな知っているし
この景色の中で一緒にいる一瞬を輝かせようというパッションを感じます。



おうちを提供してくれたラウラ&ロドルフォ、
キャスキッドソンのかわいいプレゼントを選んでくれたテレサ&オルガ、
ケーキとアクセサリーを作ってくれたラファ&モニカ、
忙しい時間の合間に来てくれたヴァレリア、
写真をたくさん撮ってくれたエルヘーニョ、
体を張ってパーティを盛り上げてくれたアレハンドロ、
この企画を私に隠し続けて協力してくれた主人、




みんな、ありがとう!!!!!




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Maさん

コメントありがとうございます!
ケンブリッジ在住なのですね~♪ご近所様からのメッセージ、嬉しいです^^

てんさい糖ですが、私はまだ見かけたことがありません。
探し出したらこちらでご紹介いたしますね。
それから豆乳、これはかなり探して実験しました!個人的には料理に使うことが多いので、オーガニックで、クセが少なく、分離せず、それでいて濃度は低くないものを探していて、色々試した結果やっと出会ったのがあります。ニューマーケット通りのテスコにある「sunrise soya」というものです。茶色っぽい四角柱の紙パックで、卵が陳列されているところの対面にあります(たぶん)。
お好みもあるかと思いますが、試してみてくださいませ!

ケンブリッジの春夏がとっても楽しみです♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Maさん

ぜひぜひ、いつかお目にかかれたら嬉しいです♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/679-a01504b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。