スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お泊りクッキング その1 

 RIMG1972.jpgRIMG1975.jpg
 RIMG1969.jpgRIMG1976.jpg





主人がニューヨークに行っている間
一人じゃ淋しいでしょ、ということで友人達が家に招待してくれました!





第一日目はイスラエル人のタマラ&マックスのおうち。
イスラエル滞在中、彼らの友達を紹介してくれたり
おススメの場所やお店を紹介してくれたりしてお世話になったので
イスラエルからのお土産をたくさん持っていきました♪



この日は金曜日だったので安息日のお祝いに
他の友達も呼んでホームパーティとなりました。



みんなが集まれば料理も集まる!
ということで、私はみんなのリクエストに応えて巻き寿司&押し寿司、
タマラは「ハッラー」という編みパン、
オムリは「クーベ」というレバノン・イラク料理を
それぞれ作ってみました。



クーベはお肉のフィリングをセモリナの粉で作った生地で包み
野菜とお肉のスープで煮たもの。
今回はちょっと変更してベジタリアン使用で作ってくれました♪
ありがとう!オムリ!!



イギリスにもいくつかの「肉もどき」商品があります。
私はいつも豆や豆製品、オートミール、マッシュルーム
大豆タンパク等で代用していますが、
今回オムリは「Quorn」という商品を使っていました。

 quorn.jpeg



「Quorn」はひき肉風、チキン風、ハンバーグ風など
たくさんの種類の肉もどきを出しています。
大豆製品不使用で、主原料の一つがきのこなんですって。
食感は肉にそっくり!
でも、原材料や加工の仕方が複雑そうで
チーズ、卵、添加物が色々入っているので私は使わないのですが
すでに味がついていたり、加熱するだけで食べられたりするので
ベジ仲間では便利に使っている人もいます。



これを玉ねぎ、人参、マッシュルーム、と一緒に炒めて下味をつけておきます。
セロリ、玉ねぎ、ビーツ、ローリエなどで作ったスープの汁で
セモリナの粉を練って生地を作ります。
この生地を手の平で広げてフィリングを入れて丸め、スープに投入。
生地に火が通って味がしみるまでコトコト煮ます。
主な味付けはスパイス類と塩です。



セモリナの生地がちょっと重たかったけど
スープは野菜の味が出ていて美味しかった~♪
お肉もどきのフィリングもいい感じ!
ビーツの赤い色もキレイでした。
セモリナ生地にヤムをすりおろしていれたら軽くなるかな?



タマラのハッラーは生地つくりから。
強力粉、卵、バター、砂糖、イースト、塩で生地を練り上げます。
1次発酵後、生地を5等分します。
↓こんな感じで棒状にして。
 RIMG1967.jpg


その後3本と2本に大きく分けます。
 RIMG1966.jpg


ここから編んでいくのですが、3本束の一番外側の棒を内側に入れたら
2本束の一番外側の棒を内側に入れるというように交互にやっていきます。
 RIMG1968.jpg



するとこんな感じで編みあがります♪
 RIMG1970.jpg



編みあがったら布巾をかぶせて2次発酵。
ふくらんだら焼き上げます。
 RIMG1973.jpg



焼き立ては香りが部屋中に広がって幸せな気分になります♪
暖かくなったといってもまだ朝晩は寒いイギリス、
オーブンを使った料理は一年中楽しめそうです。



これに私とタマラで作ったお寿司が並び、
イタリア人とフランス人が持ってきたワインが揃い、
インターナショナルな美味しいパーティになりました!



この日は1時まで飲んだり食べたりおしゃべりしたりして
タマラのおうちにお泊り。
お陰で主人がいない淋しさも忘れられたかな。




家族と離れて暮らしていると、本当に友達の優しさが身にしみます♪





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/718-1379ab3b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。