スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メキシコ料理教室 

 RIMG2048.jpgRIMG2051.jpg
 RIMG2056.jpgRIMG2050.jpg






メキシコ人のラウラがメキシコへの帰郷から帰ってきました。





「帰ってきたら一緒にメキシコ料理をしよう!」という約束通り、
ラウラのおうちでメキシコ料理教室が開催されました♪
彼女は実家からたくさんのメキシコ食材を持ってきてくれたのです~!
カカオを使ったモレソース、青いトマトのサルサ、地元のテキーラなどは
ケンブリッジはおろかイギリス国内でも買えなそうなものばかり。



それだけじゃなく、メキシコ料理にかかせないトルティーヤは
ケンブリッジにある唯一のメキシカンレストランに懇願し、
お店で使っているトルティーヤを譲ってもらっていたのです!
メキシコらしいトルティーヤはトウモロコシから作られているのですが、
アメリカナイズされたトルティーヤは小麦で作られたもの。
小麦トルティーヤは比較的簡単に作れますが、
トウモロコシトルティーヤは粉からではなくトウモロコシの粒
そのものから作るので結構大変なのです。



というわけで、「今回は手作りはあきらめて買ってきた」とのことですが
材料集めだけでもすごい情熱っ!!
こんな貴重なものをたくさん使って料理するなんて、感激ものです♪



今回作ったのはタコスとエンチラーダス。
なんとなくこの二つの違いがよく分からなくって、ラウラに聞いてみたところ
「使ってる素材はほとんど一緒、包み方の違いで呼び方が変わる」らしい。




↓こんな風に折りたたむように包めばタコ、複数形タコス。
温めたトルティーヤに具を挟んでそのまま食べたり、その後オーブンで焼いたりする。
 RIMG2055.jpg




↓こんな感じで巻けばエンチラーダ、複数形エンチラーダス。
エンチラーダスは上にソースをかけてオーブンで焼いたものが一般的。
 RIMG2054.jpg



中の具は
茹でたチキン、玉ねぎ、トマトを炒め合わせた「ティンガ」、
茹でたチキンとモレソースを合わせたもの、
フリホーレス、ワカモレ、チーズなど。



具の準備ができたら、トルティーヤを温めます。
このトルティーヤは少し固かったので
一枚一枚を少量の油で軽く揚げ焼きしました。
こういうちょっとした作業が美味しさを生むんですよね~



このトルティーヤに具をはさむのですが、
ここで注意しなければならないのがトルティーヤにも裏表があること!!!
ラウラ曰く
「メキシコ人でも知らない人も多いし気にしない人もいるけど、
 このコツがタコスをキレイに見せるのよ♪
 私はママに教えてもらって以来、裏表を見るようにしてるの。」
とのこと。



ちなみに↓こちらが内側になる面。
見えにくいですが、ふちの部分がなんとなく内側にカールしています。

 RIMG2052.jpg



↓こちらが表・外側になる面。
ふちの部分が反っています。

 RIMG2053.jpg



海苔のように全体がザラザラしているとかではなく
ほんの少しの差なのですが、巻いていると確かに巻きやすさが違います。
トルティーヤを空気にさらすと乾いてきて自然に反ってくるので
それで分かりやすくなると思います。




この日は中南米+スペイン人のクラスメートとそのパートナーを全て招待したようで
その数20人以上!!
ラウラと私とスペイン人のラファで、大量のタコスとエンチラーダスを作りました。
これらは食べる前にオーブンで焼いて温めて頂きました。
ベジ仕様にはアボカドで作ったワカモレを入れ、これはオーブンで焼かずにそのまま。



こうばしいトルティーヤと
メキシカンの香りが漂うフィリングがマッチしておいしーー!!
コリアンダーやレモンがうまい具合にメキシコっぽさを出しています♪



うちの主人はすっかり中南米チームの一員なのですが、
私だけがスペイン語が分からず・・・それでもみんなはいつも温かく歓迎してくれます。
分からなければ誰かに通訳してもらえばいい、そんな気軽さがとても心地よいです♪




久々にスペイン語ばかりの夜だったようで
ラテンのみんなはよくしゃべり、よく飲み、よく食べて
すごく良い顔していました。



みんなを陽気にしてしまうメキシコ料理、
夏になったら積極的に作ろう~っと!

RIMG2042.jpg




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/723-8da49f4c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。