スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数々のFormal Hall 

 R-RIMG0286.jpgR-RIMG2268.jpg 
 R-RIMG2267.jpgRIMG0111_R.jpg
写真:フォーマルホールの際に着ていくガウンをまとった学生、
   それぞれのカレッジにて




カレッジの食事(学食)は基本的に学期中しか開いていません。
フォーマルディナーも夏休み(6月末から)に入るとほぼ開催されないので、
ここぞとばかりにたくさんのカレッジを巡ってきました!
私の目的はもちろん料理の勉強もあるのですが、カレッジでのフォーマルな食事は
学生文化、社交界、ケンブリッジの歴史なども垣間見れて非常に興味深いのです。
そしてたまにはオシャレしておでかけするのも大切!!




毎日のようにフォーマルディナーを開催しているカレッジもあれば
年に1~2回しか開催されないところもあります。
細かく書くと内輪ネタ過ぎてよく分からなくなるのでこれくらいにして・・・




お料理についてですが、それぞれのカレッジに特徴があって面白いです。
例えば、St John's Collegeのシェフはミシュランの星を獲得したレストランから来ていて
他のカレッジとの差を感じます。
ほとんどのカレッジが飲み物(水と食後のコーヒー以外)は持込なのに対し
ここのカレッジはお料理に合わせてソムリエがワインをチョイスし用意してくれます。
しかも赤も白の両方!
トマトを4種類の食べ方で盛り合わせた前菜が美味しかった♪
(ミニトマト、普通のトマトのスライス、ドライトマト、潰してソースにしたトマト)
 R-RIMG1995.jpgR-RIMG1943.jpg




ベジタリアンメニューが特に美味しかったのはSidney Sussex College。
豆腐を使ったアレンジ料理が忘れられません!
ベジのお料理は注文する人も少ないせいか、大量に作らない分
繊細に作られているように感じます。




Corpus Cristi Collegeのベジ料理も好きです。
フィロの中にコンソメで炊いてチーズをミックスされたご飯が包んであります。
少し凝った演出はそれだけで愛を感じるので、美味しさも増すものです♪
この日はガールズナイト!女子3人で行きました。
内装は歴史があるけど可愛くって、写真を撮りまくりました。 
 R-RIMG0290.jpgR-RIMG0305.jpg




滅多にフォーマルディナーを開かないKings Collegeでは
贅沢なベジメニューを頂きました。
お値段も平均の倍、フォーマルは一人10ポンド前後ですが
ここでは20ポンド、それだけのお値段に沿ったサービスとお料理に大満足!
お野菜のミルフィーユ、人参のジューシーなフライ、
ベジにありがちなクリーム系やチーズ系に頼ることもなく
ソースもシンプル且つ素材の味も生かされていて、とても美味しかったです
 RIMG0128_R.jpgRIMG0123_R.jpg




地産地消などのグリーンなメニューを出すのはJesus College。
昨年から大学院生の女の子が企画して運営し始めた「Allotment Society」では
着々と野菜が実っているんです~♪(写真は撮り忘れましたっ)
私達も行った「地元食材だけをつかったカレッジディナー」等も開催しています。
メイボール(カレッジの舞踏会)の時もグラスやプラスティック類などは
全て100%リサイクル可能なものを使ったり、
グリーンな活動に力を入れています。




Emmanuel Collegeは内装のパステルブルーがなんとも言えず上品なところ。
お料理はチーズのフライが重たくてあまり食べられなかったけど、
きっと乳製品に慣れている人には合うかな。
こういう時には生野菜とか、キノコのソテーとか、
チーズをうまく消化してくれる素材がたくさん欲しくなります。
R-RIMG1298.jpgR-RIMG1302.jpg




Queens' Collegeでは古いホールで食事ができず新しいホールで。
日本人の口に合うカレー味のスープが美味しかった!
たぶんジャガイモ、玉ねぎ、パーシニップ(白い人参のようなもの)
がベースで、カレーのスパイスを入れてピュレ状にしたもの。
夏の暑い日に作りたくなる一品でした。
R-RIMG0645.jpgR-RIMG0655.jpg





Pembroke Collegeのヘッドシェフはブログを持っていて
美しい料理の写真を共にその日のメニューが見れます。
たとえ食べられなくても(ホントは食べたいけど)、
見ているだけでも料理のヒントをたくさんもらえるので勉強になります。




この他にもいくつか行きましたが、どこもそれぞれのカラーがあって楽しかったです♪
カレッジディナーは美味しい、美味しくないという料理評価をする場ではなく
一つの「ケンブリッジ体験」だと思っています。
ここでの私達の生活をより特別なものに、豊かなものにしてくれました。
社交もたくさん学べたし、多くのイギリス料理に触れることもできました。
カレッジの食を通じてイギリス&ケンブリッジの人・文化・歴史との
つながりを学ぶこともでき、有意義なディナーだったと思います♪
フォーマルディナー、ありがとう!!!



コメント

楽しそうですねぇ~
見てるだけでお腹いっぱいです。笑

rinさん

コメントありがとうございます!
工夫を凝らした様々なベジタリアンメニューを食べられて、いい勉強になりました♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/743-14d65cfb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。