ファラフェル/ Jack Wills  

 R-RIMG2523_20110803185851.jpgR-RIMG2517.jpg
 IMG_6763.jpgIMG_6746.jpg





ローカルな話題で失礼します~





写真上:ファラフェル屋さん

 ケンブリッジにもたくさんのレストランがあり毎日にぎわっていますが
 庶民的なところだったらマーケットストリートのファラフェル屋さんが大好き!
 ホットドックやクレープの屋台と並んであるお店で、
 日曜日を除いて、10時から売り切れるまでやっています。



 中東系の友達にお勧めされて行ったのがきっかけですが
 その後私も主人もファンになってよく通っています。
 ファラフェルは昔から大好きで、自分でもよく作るし
 ニューヨークに行くとお気に入りのファラフェル屋に毎日通ったりしてました。
 イスラエルに一ヶ月滞在した時も行きつけのファラフェル屋に入り浸ってたりして。
 今やファラフェルは国際食なので中東・アラブ系の地域でなくても
 世界中どこでも食べられるのが嬉しい~♪




 ファラフェルは動物性のものを一切使ってないビーガン食。
 栄養のバランスもよく、ボリュームもあって、手軽に食べられるのもいいところ。
 ここのお店はTaste of Cambridgeという家族経営の小さな会社で
 手作りが基本。
 材料もオーガニック、フリーレンジ、地元産の素材を使うなどのこだわりもあり
 すごく応援したくなりますっ。しかもおいしいんですよ~♪
 私が好きなガーデンファラフェルは野菜がたっぷり!
 爽やかな感じが夏にピッタリです。



 今日もいい天気だし、ランチに行ってこようかな。
 ここ数日、ケンブリッジは暑くなる日が続いていて
 夏らしい空気が嬉しいです。






写真下:Jack Willsのお店とバッグ

 イギリスでは冬と夏の年に2回大きなセールの時期があるのですが
 冬のセールの時、とあるお店の前にたくさんの人が並んでいました。
 


 そのお店は「Jack Wills」というイギリスの若い子達に大人気のブランド。
 アッパーミドルクラスの若者をターゲットにしているんですって。
 お店の中はママパパにおねだりする子、親戚へのプレゼント選びをする夫婦、
 高校生や大学生で溢れていて、なんとも独特の雰囲気。
 夏のセールはさほど混んでいなかったので、
 お安くなってたショッピングバッグを一つ買ってきました。
 


 イギリスにはCath Kidston, BURBERRY, Vivian Westwoodなどなど
 世界的ブランドはたくさんありますが
 ただブランド品を売るだけじゃなく、ターゲットとしている客層に関する
 チャリティ等を行っているところも素晴らしいなと思います。
 Jack Willsも創立から12年の若いブランドだけど
 若者と子供のHIV感染を防ぐチャリティをしてたりします。
 
 

 日本でも話題になったキャスキッドソンとユニクロのコラボチャリティは
 ザンビアの妊産婦支援に送られ、
 バーバリーはバーバリー基金が若者の夢実現の為の支援をし、
 ヴィヴィアンも東北大震災のチャリティTシャツを販売したりしていますね。



 こうしたチャリティはチャリティ大国のイギリスだけじゃなく
 もちろん日本でも、世界各国あらゆる企業や団体が行っていると思います。
 3月の震災後からチャリティ活動が気になって色々調べていましたが
 日常生活の中での買い物=経済参加でチャリティができるっていうのが
 一番長続きするし、興味を持って参加してもらえるのかなと思いました。
 

 
 話がすっかりチャリティになってしまいましたが・・・
 そういえば、先日待望の女の子を出産したヴィクトリアベッカムは
 たくさん贈られてきた出産祝いの一部をチャリティショップに寄付したそうですね。
 私も来月にはおそらく引越しすることになるので、
 色々とチャリティショップに持っていこうと思っています。
 チャリティ精神はお金に余裕がある時にではなく、
 いつでも持っていたいなと思いました。
 
 



コメント

真紀さん、こんにちは!

わたしも(?)、犬のボランティアでぴったりくるものはないか探し中です。今までは不定期に募金をしてたのですが、具体的な何かをしたいと思うようになったのがきっかけです。
でも、フリーは土曜日のみとなるとなかなか…と思っていた矢先、知り合いがチャリティイベントに参加すると言って、その手があるか~と。そしたらボランティアに通ってるつもりで交通費を募金するとかでもいいんだ思うようになりました^^

話は変わりますが、シソジュースを作った残りかすのシソは破棄するしかないのでしょうか?もしご存知なら教えてください。

ケンブリッジ残り1カ月なんですね。パーカスピースの地味な花火大会はもう終わったかしら。懐かしい風景がつきないです~♪

すてきな夏を~^^

3月の地震で チャリティーについて色々考えさせられました
自分が一番納得いく結論は まきこさんと同様
日本でお金を使うという事でした
大きな事は出来ないけど
何も考えないで 何もしないよりはましなのかなと…


美味しそう!

真紀子先生、こんにちはv-254
ファラフェル美味しそう~!!食べたくなってきちゃったので、つくろうかな。近所にすぐ買えるお店があるのは英国ならではですね。

爽やかな季節をエンジョイしてくださいねv-22

おたねさん

「つもり」募金っていいですね~!
しなくちゃ・やらねばっていう自己強制よりも、ポジティブな方向で持続させたいものですよね。

シソジュースの残りのシソ、絞りきっていないもので香りやシソらしさがのこっているのだったらそれをカラカラに干してゆかりのようなふりかけを作ります。
もしシソの成分もエネルギーも全部吸い取られているものだったら、土に返す=捨てます。
もったいないと思う気持ちもありますが、土に返してまた新たな生命の栄養となって人々に還元されるのであれば無理して食べることもないかなと思います。

パーカーズピースの花火大会なんてあるんですね!見逃していたかも。。。調べてみます!ステキな情報をありがとうございます♪

すかいらいんさん

コメントありがとうございます!
日本では震災の影響で経済が収縮してしまっているようですが、適所にお金を落とすことで復興が進めばいいですよね。
すかいらいんさんの小さな一歩は確実に大きなことにつながっていますし、素晴らしいことだと思います~♪
今後もイギリスから応援していきましょう!!!

店長よっしーさん

私はヒヨコマメでなく他のマメで作ったりしますが、大豆だとよりお肉っぽいかも。
よっしーさんのファラフェルも食べたいです!
いや、ファラフェルだけじゃなくってスウィーツも~!!!



立秋

という言葉を聞くだけで、気持ちがほっとします♪
東京は今週が暑さのピークだそうです。う、うれしーー

なるほど、ゆかり!!
そして土に返す…、そうですよね。植木の肥料にしてみようかしら♪
伺ってよかったです。

ありがとうございました。

おたねさん

今日は立秋なんですね。
イギリスはその言葉がぴったりな気候かも。木々も、空気も、太陽の傾き方も秋を感じさせます。
暑さがやわらぐといいですね♪
引き続きご自愛くださいませ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/761-add23ee0