アップルバター 

************************************************
11月、ケンブリッジの自宅レッスンを開催いたします!
今回は玄米の炊き方と食べ比べも実習します。
メニューは・・・玄米と豆腐のキッシュ、秋野菜のホットサラダ
クミン風味のレンズ豆スープ

初心者の方も大歓迎です♪

10月29日(土)、11月9日(水)、11日(金)
10:00-13:00

詳しくは10月18日の記事をご覧ください。

************************************************

 IMG_8364.jpgIMG_8373.jpg





左の写真は先日のApple Festivalで買ってきたリンゴです。
こんなにあって1ポンド(約122円)!!!
多種類が混ざったものですが、全てオーガニック♪
うれしーーーーー!




「赤いのは生で食べれるよ」と言っていたのですが、
そのまま食べるには酸味が強い。
そこで、アップルバターを作ることにしました(写真右)。
ただリンゴを切ってひとつまみの塩と一緒にゆっくり煮込んだものなので、
水も砂糖もはちみつも使っていません。




これらのリンゴはほとんどが調理用。
生食用と違って、調理用のリンゴは加熱するとホロホロと崩れます。
マッシュしなくても細かく切らなくても、とろっとなる感じ。
私は芯の部分もできるだけ取り除かずに、皮も少し残したので写真には塊も見えますが
ほとんどスムースな仕上がりで、質感も味も濃厚です。
なのでアップルソースではなくアップルバターかな。




市販のアップルソースやアップルバターには砂糖やシナモンなど
色々と入っている場合が多いのですが、
私はスウィーツだけでなくいろいろなお料理に使いたいので
甘みや香りは加えませんでした。
お鍋いっぱいにできたので、フェスティバルに行けなかった友達にもおすそ分け♪
あとは熱湯消毒したビンに密閉して保存。




朝のパンケーキ、おやつのマフィン、カレーなど毎日何かしらに入れて
楽しんでいます♪温めてちょっと甘みを足して、そのまま食べるのも好きだな~
今日は主人がパスタを作ってくれたのですが、
「隠し味だ!」と言ってアップルバターを入れていました(!)。
ほんのかすかな甘みがついて、なぜか白ワインを入れたような風味もして
なかなかおいしかったです。




まだまだ余っているので、色々なお料理で遊びたいです♪




コメント

美味しそう!!

りんごの話を拝見し、そんなに種類があるんだ!と驚いていました。Mac派としては、会社と同じリンゴがあることにまたひとつ知識が増えました♪ありがとうございます。
西洋には肉と果物を合わせることが多いですよね。
味や消化の面から培われた智慧なのでしょうね。

ゆかげんさん

コメントありがとうございます!
Macのリンゴのことは雑学好きな主人が教えてくれました。小ぶりでかわいらしいリンゴでしたよ~♪
リンゴは豚肉と合わせて、スープに入れて、パイにして・・・など、日本と比べると調理して食べることが多いかな。ほどよい酸味が口の中も内臓もさっぱりさせてくれるんでしょうね。
イギリスの昔ながらの智恵、また学んだらこちらでもシェアしますね!

またりんごが食べたくなっちゃった。。明日買いに行かなくちゃ♪笑

ところで、真紀子さんFacebookやってるんですね~あたしもやってるんですよぉ♪のぞきにいきますねっww

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/804-83f715e9