集中レッスン終了!(後半) 

 IMG_9128.jpg IMG_9121.jpg
IMG_9072_20120120201321.jpg





お手当ての次の日はお料理のバリエーションレッスン。
たくさんのレシピを学びたいとのことだったので、
この2日間で作ったものを活かしたお料理をご紹介しました。
下記は作ったものの一部です。


・玄米キッシュ・・・豆腐で作ったフィリングを玄米に乗せて焼きます。
  冷たくなった残り玄米の活用法としても便利!

・ひじきのバーニャカウダ・・・ひじきの煮物を使って
  野菜がたっぷり食べられるバーニャカウダを。
  和風な残りものがおしゃれに変身します。

・グリーンロール・・・ゆでただけの野菜もクルクル巻けば上品な一品に。
  ちょっとした一手間を加えて見た目も楽しみましょう!

・・・・・



地味になりがちな基本食や常備菜をアレンジして
見た目にも楽しくおもてなしにも使えるお料理にしてみました。
残りものの活用幅が広がると、作りがいがありますよね♪



私のお料理レッスンでは基本的に肉・魚介類・乳製品・卵などを使いませんが、
ご自宅でレシピを復習する際には体調や環境に合わせて
色々な材料を取り入れたり・引いたりして頂ければと思います。
世間で出回っている一般的な食事には上記で挙げたものや
化学調味料が使われている食品が多いので、
それらを一切使わない食事というのを味わって頂きたく
レッスンでは使っていません。
動物性食品や化学調味料を使うと、調理はけっこう簡単だなとよく感じます。



レッスン4日目はスウィーツについて。
野菜や穀物の甘みから米飴、メープル、はちみつ、白砂糖など
様々な甘みを味見して頂きました。
ここまでは食べて良いけどここからはダメ、というものではありません。
ここでも自分の傾向を観察して頂きました。
いつ甘いものを食べたくなるのか?なぜその種の甘みを欲するのか?



この日作ったものも、お手当てレッスンの時の残りもの活用メニュー。
小豆かぼちゃの小豆をレーズンと一緒に煮ておはぎを作りました。
中は圧を強めにかけて炊いた玄米をすりこ木でついたもの。
このおはぎのほのかな甘みが美味しかった~♪
レーズンの酸味がアクセントになって、重たさを感じずに食べられました。
先輩にも私にも、そして主人にまで、このおはぎが大ヒットでした。



それから豆腐のスコーン、キャロブ&チョコムースも作りました。
チョコムースはキャロブとココアを半分ずつ入れることで
ココアの量を減らしています。
キャロブだけだとクセが強いですが、
混ぜると食べやすくなってココアの強さも緩和します。



最終日を残して、一日のオフをはさみました。
ケンブリッジはけっこう観光されたようだったので、
電車で一駅の小さな町:イーリーへご案内しました。
私も大好きなところ!
大聖堂へ行き、川沿いを散歩し、ピーコックで腹ごしらえという
いつものコースをこなしてゆっくりアフタヌーンティ♪




ここでもおしゃべりが炸裂して夢中になっていると、、、
ふと気づいたらお隣に座った方が日本人だったのです。
きゃーーーーー!!!、今までの会話全部聞いてました?とお聞きしたら
「はい、楽しませてもらいました♪」とのこと。
先輩と一緒に恥ずかしくなって、でもみんなで大笑い!
というのも、この日は日曜日だったのですが天気も悪かったせいか
外国人観光客は少なくて、まさか日本語が分かる方がこの小さなティールームの
隣に居合わせるなんて予想していなかったもので・・・
そしてこの方、ケンブリッジ在住で私とメールのやりとりをしたことのある方と判明。
その後会話が弾み、帰りの電車でも一緒になり、とても楽しい時間を過ごせました♪
本当に小さな世界です。




さてさて、最終日はおもてなしメニュー。
おもてなしの時にも穀物・野菜・タンパク源などのバランスをとると
満足感がいいことなどのお話もしました。
ぱっと華やかなお料理は見た目も大切ですが、
味のバリエーション、食感のバリエーション、調理時間のバリエーションなども
考慮すると、食べた後にも気持ちがいいですね。




野菜たっぷりのフレンチタルト、タブレサラダ、アップルティーマフィンなど
ポットラックにも喜ばれるものを作りました。
おしゃべりに花を咲かせながらのお料理は楽しいですね~♪
ついついマクロビオティックから話がそれておしゃべりが進むのですが、
人の行動や気持ちも、食べるもの・取り入れるものが影響しているので
そんな私達の状況を観察しているのもある意味学びかも?!
言い訳ですね。




5日間のレッスンが終わり、先輩がお帰りになる前日には
ケンブリッジ大学のフォーマルホールも体験していただきました♪
まさかこんな時間をご一緒に過ごせるなんて・・・
そんな貴重な時間があっという間に過ぎていきました。




今回のプライベートレッスンを通じ、私もたくさん勉強させて頂きました。
いかにしてレッスンの中に「気づき」を見出してもらえるか、
一人ひとりの環境をよく勘案して、引き出しを開けていく作業は
私にとっても学びになります。
今後ももっともっとレッスンの質を上げていかなくっちゃ!




先輩、遥々ケンブリッジまでいらしてくださって
本当に、本当にありがとうございました!!!
またお会いできる日を心待ちにしております~♪




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/823-70cee185