Beer Festival 

IMG_1599.jpgIMG_1609.jpg
IMG_1611_20120601032335.jpg5_20120601033504.jpg





気温が上がってくる季節には外でのイベントが増えますね。
フラットの前の緑地ではひっきりなしで催し事が行われています。
その為、4~10月に登場する牛達も一時的に退散しています。




先週は「ビール・フェスティバル」が行われていました!
イギリスはビールがおいしいんですよ~
冷たすぎない温度で飲むアワの少ないビールなので日本のと比べると
初めは戸惑う方もいらっしゃいますが・・・
冷たいのが苦手な私にはピッタリ。
ビール好きな主人も渡英後ますますビール大好きになっています。




このフェスティバルには約200種類のビールが集結!
ほぼイギリスのものですが、ベルギー、ドイツ、アメリカからのもありました。
ビールだけでなく、地元で作られているリンゴ酒や地元ワイン、
Mead(ミード)と呼ばれるハチミツ酒もありました。
ミードはハチミツと水だけで作られたお酒で、けっこう強いです。
このお酒、約9000年も前から作られていた古代酒で、
「ハネムーン」の語源にもなったんですって。
昔は新婚の嫁は一ヶ月家にこもってこのハチミツ酒を造り
夫に飲ませて子作りに励んだようで、この一ヶ月間は宴会も毎日行われていたようです。
ここから「ハチミツ(ハニー)」の「月(ムーン)」でHoneymoonの語源になったとか。





さらにお酒のおつまみ系の食べ物屋さんもたくさん出ていました。
チーズ、スコッチエッグ(ゆで卵の周りをひき肉で包んで揚げたもの)、
パン、ポーク・パイ(パイ生地に豚のひき肉のフィリングが入ったもの)、
ポテトフライなど、油脂たっぷり系が多かったかな。
ドーナッツの屋台なども出ていて、
子供もビールが苦手な人も楽しめるようになっていました♪




去年参加したT夫婦とご一緒したのですが、
「油ものが多いから、食べ物は持っていった方がいいよ」と言われていたので
私はヒヨコ豆でファラフェルを作って行きました。
同じ油ものでも、素材が分かる手作りのものなら安心!




ビールを飲むとなぜ油ものや高カロリーなものが食べたくなるのか???
ビールの苦い味やシュワシュワ~とする炭酸で食欲が増進して
油脂が多いものでもスイスイ食べられてしまうようになるんです。
ヘルシーなおつまみだと、定番の枝豆や
私も持っていったファラフェルなどの豆料理が、ボリュームもあって
栄養価も高いので満足感もありオススメです♪




さて、私達が行ったのはお天気が最高だった金曜日の夜。
夜8時に会場に行くと・・・すでにながーーーーい行列が!!!
左上の写真は夜8時半くらいです。まだ夕陽は沈まず明るいですよ~
結局約1時間並んでようやく入れました。
イギリスの方、けっこう静かに並びます。




その頃には風も冷たくなってきて、寒くなってきてしまい
私はビールを飲む気にはならず・・・ちょっと味見させてもらった程度。
マクロビオティックを実践して体が調子がよくなると同時に、
ますますお酒が飲めない体になってきました(元々弱いのですが)。
というより、飲みたくないことが多いです。
その時には美味しいと感じることなく、必要ないという感じです。
お料理との相性で飲みたいこともありますし、その時には美味しいと感じます。
いつでも飲めるわけではなくなりました。
ヨーロッパに住んでいると、ワインやビール、スパークリングワインなど
色々と飲めたら楽しいのに~!!!と、ちょっと悔しいことも多いです・・・




主人は色の濃いビールが好きなので、各酒造で色々と話を聞き
2~3種類のビールを楽しんでいました。
混んでいなければ試飲もさせてもらえます。
並んで入った甲斐があったね!!!




1週間の開催で提供されたビールは約6万3千パイント(1パイント=約570ml)、
ワインなど他のアルコールも含めると約10万パイントにもなったようです。
すごい!!!
「酒は百薬の長、されど万病の元」
されど・・・からがよく省略されてしまうのですが、
飲み過ぎには注意ですね。





コメント

Mead

Mead 飲んでみたいです〜!
ハネムーンの語源なんて素敵ですね♡

Hanaちゃん

Meadのブースは人気だったよ~♪
ロマンティックな印象とは裏腹に、恰幅のいいおじさま達が好んで飲んでいました(笑)。
素敵なJubilee Holidayを過ごしてね~^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/867-5bbccfd7