ベルリン その2 

 IMG_2169_20120620182353.jpg
 あっちゃんphoto(3)_20120620182622.jpg
レッスン2日目に作ったお料理
タヒニプリンを美味しそうに食べる、Hさんのお子様のAちゃん♪
ひじきの煮物を食べてパラダイス状態の、Mさんのお子様Rちゃん!







ベルリンプライベートレッスン2日目はお客様向けのメニュー。
Hさんはドイツ人だけでなく国際色豊かなゲストをお迎えしての
お食事会を頻繁に開いていらっしゃいます。
「和」の食材や調味料を使って、「ベジ」対応なお料理は
特に海外生活をしていると人が集まる時にとても重宝しますよね♪




作ったものは・・・
・レンズ豆のインドカレー
・蕎麦サラダ
・ロースト野菜の味噌マスタード風味
・スティームマフィン
・豆乳タヒニプリン
です。




カレーのレンズ豆は皮をむいた状態のオレンジ色(赤レンズ豆)のものを使いましたが、
ベルリンには黄色のレンズ豆(皮なし)もありました。
ただでさえレンズ豆は浸水必要なしで沸騰してから約25分で火が通る便利なお豆ですが
皮をとってあると、さらに火が通るのが早いです。
長く煮込むとトロみもついて体を温めてくれる要素も増しますね。
スパイスはその時の環境とそれぞれの体調に合わせて調整します。
今回は控えめにしたのですが、けっこうな辛さで仕上がりました^^;
メーカーによって調合やスパイス自体の強さが違うので、
粉状のスパイスは調理の最後の方で入れるのですが
もし強すぎたら量を減らして、調理の最初の方に入れるなど工夫をしましょう。
人参などの根菜を多めにしたり、
豆乳やココナツミルクなどクリーミーなものを入れるのもいいかな♪




蕎麦サラダは練りゴマ(タヒニ)でコクを出したタレで和えました。
蕎麦は穀物の中で陽性の性質が強いですが、
粒を挽いて麺状にすると軽さが出て夏に食べやすくなりますね♪
穀物の取り入れ方は「ごはん」という形だけにとらわれず、
特にあたたかくなる季節には麺類も多いに活躍してほしいです!





ロースト野菜は人参、ジャガイモ、リークで作りました。
Hさんに「ドイツのジャガイモは美味しいですよ~」と聞いていた通り、
本当においしかった!!!
オーブンでじっくり熱を通し、味噌という長時間かけて作られた調味料を加えることで
ジャガイモの陰性さを緩和します。
大きなソーセージにジャガイモというお料理がポピュラーなドイツ、
お肉のナトリウムをジャガイモのカリウムで中和しているこの組み合わせは
ある意味いいバランスをとっているんだな~




スティームマフィンは油脂を加えずに蒸して仕上げたもの。
甘みも米飴などを使って穏やかになっています。
特に肌や呼吸器のトラブルがある方は「油脂+砂糖+粉+焼きしめる」
という食べ物に気をつけてみてください。
このマフィンのように蒸したり、油脂が入っていないスウィーツは
比較的消化が楽だと思います。
スクールから帰ってきたHさんのお子様は喜んでパクパク食べてくれました♪




豆乳タヒニプリンはコクがあるけど後味がしつこくないデザートです。
ヨーロッパでは濃度の高い豆乳をあまりみかけませんが、
タヒニを加えると十分濃厚な舌触りになります。
何かしらの緊張で体がこわばんでいる時、イライラしている時など
そんな時に選ぶデザートは、固いクッキーよりも
フルフルとした食感の柔らかいものがオススメ♪
ここにバニラの風味や、シナモンをいれておしゃれしてもいいですね。




ゼリー系のデザート、
欧米では動物の骨、腱、皮から抽出したゼラチンを使うのが主流です。
いつの日か、寒天でゼリーを作ってゲストに出した時に
「海草から抽出した寒天を使ったよ」と言ったら、
奇妙なもの使うのね~というような顔をされて
ほとんど食べてくれなかった事がありました。
その理由の一つに、どうやら「海草を食べる=そんなものを食べるほど貧しい」
というようなイメージも少しあるようです^^;
お寿司で使う海苔はけっこう受け入れられるんですけどね~




2日間のレッスン、とても充実した時間でした!
限られた時間の中でお伝えしたいことがたくさんあって悩みましたが
HさんもMさんも1つをお伝えするとそれを2倍にも3倍にも広げてくださり、
新たな気づきや発見を楽しみながら目の輝きが増していくのが見れて嬉しかったです♪




マクロビオティックの智恵は使うもの。
適切に使えるように、判断力を高めていくことも大切です。
自分をよく観察して、命に向き合って、
体調だけでなくライフスタイルや仕事や夢に合わせて
食生活をデザインしていって頂きたいなと思います。





ベルリンレポートもう少し続きます~♪

コメント

大成功^^*

おめでとうございますーー

飾り付けも華やかできれい♪
なれない土地でいろいろ研究されてきた成果がここでも花開いて、すてきです^^


ところで、冷えの原因はむくみかもと気づきました。
おととい、ひさしぶりにコーヤンを飲んだらすっきり!翌日はぽかぽかでした。

今日はもうすっかりむくんでます^^

むくみ対策。。。今日は小豆ご飯を仕込んできましたが、毎日、小豆・・・いいのだろうか。

結局はバランスなんでしょうかね。

ヨガもせねばーーーと身にしみて思います(><)

ヤンノ―の間違いでした(ーー;


コーヤン・・・?

たぶん、コーレンとヤンノ―のあいの子でしょう。

おたねんさん

いつも温かいコメントをありがとうございます~♪

コーヤンって、ありそう^^;
小豆はむくみをとるのに最高ですよね。
これからの季節、日本は外気温とクーラー環境の中でむくみがちになりそう。日ごろのお食事にも小豆を入れて上手にとりたいですね♪
ちなみにイギリスで「ヤンノー」と書かれたものは麦などを焙煎した穀物コーヒーで、小豆ではないんです・・・残念。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/875-ba01c605