「三色どんぶり!」 




私の実家はお弁当屋さん。
手作りと日替わりメニューが人気で
もうかれこれ30年続いています。
母は入院中もずっと仕事の心配をしていました。




母の病院に泊まっていた時、「メニューを考えて」と言われて
二人でアレコレとアイデアを出し合っていました。
ごはんの上にお惣菜を乗せて食べる丼スタイルのメニュー、
照り焼きチキン、カツカレー、天丼、親子丼・・・などなど
色々と考えてある程度メニューが出来上がりました。




「これを従業員に伝えればOKね」と、ほっとした様子♪
夕方には海を見に、夫と三人で散歩に出かけ
気持ちいい海風に当たってきました。
敷地内にある畑の夏野菜も拝見、鈴生りに実っていておいしそう!

IMG_3115.jpgIMG_3118.jpg




その日の夜、母は9時頃には寝てしまったので私は静かに本を読んでいました。
夜10時頃、いきなり母が
「三色どんぶり!」と、はっきりした口調で言ってパっと目を開けたのです。
そしてメモに飛びつきました。
私はビックリしたのと、何が起こったのか分からずに唖然。
「うっすら夢を見ていて、いいメニューを思いついたから」と言われて
ようやくメニューのことを考えていたことがわかりました。




母は先日無事に退院しました。
通常3週間と言われる入院を、2週間ちょっとで終わらせました。
リハビリも一日2回、毎回たっぷり汗をかくほど頑張っていたようです。
退院する前の日に電話をしたら
「膝が曲がれば退院って言うから必死で曲げたのよ。
涙が出るかと思うくらい痛かったけど、お店も心配だしね。」
と言っていました。
同居している姉夫婦の間に、9月に4人目の子供も生まれることもあり
それも心配とのこと。




自分がいなきゃ、私がやらなきゃ、という思いが
母の良いエンジン。
「悩んだりくよくよするのは、暇だからよ」と、たまに言われますが(汗)
そんな時間があったら母は前に進みます。
目の前の壁を不満も不安も抱えずに、
とにかく突き進んで乗り越えるのが彼女のスタイル。
入院した日、まだ検査しかやることがないので
病院のレストランでビールを飲んでいたという余裕すらあります。
そしていつも笑顔、努めてそうしている訳でなくにじみでています。





久々に変わらぬ母に会って、安心しました。
そして改めて学ぶことがたくさんありました。





そんな突っ走る母を静かに支えた父。
何日も病院に泊り込み、母の手となり足となり
ワガママもたくさんきいてくれたようで母も喜んでいました。
お父さんの愛情、尊敬しました。付き添い本当にお疲れ様~♪





コメント

三色どんぶり!

お母様のご退院、一安心ですね。
やはり身内に何かあるとどちらも不安になるものですから、今回帰国されてきっと大喜びだったと思います♪親孝行ですね〜(^^)

亀田は素晴らしい病院ですよね。私も以前東京のベジタリアン病院で働いていたときに、亀田の取り組みを参考にさせて頂いたことがあります。当時は素敵なイラストを描いたミキサー食のランチョンマットを作っておられて、そのイラストの優しさに感動しました。

職員の教育や地域連携がしっかりなされていることも評価できる点ですね。今の勤め先が大多喜なので、亀田は学生はじめ教職員もよく利用していますよ。
今度近くにいらしたら、ぜひお立ち寄りくださーい!(笑)

ゆかげんさん

コメントありがとうございます!
大多喜は亀田病院のお近くなのですね~。いい取り組みが広がっていくのは病院を利用する側としてとても有難いことです!
無事に退院できましたがもう片方の足もいずれ手術するかもと言っているので、いつかまた亀田にお世話になるかもしれません。
その時にはまたお知らせいたします(笑)♪



> お母様のご退院、一安心ですね。
> やはり身内に何かあるとどちらも不安になるものですから、今回帰国されてきっと大喜びだったと思います♪親孝行ですね〜(^^)
>
> 亀田は素晴らしい病院ですよね。私も以前東京のベジタリアン病院で働いていたときに、亀田の取り組みを参考にさせて頂いたことがあります。当時は素敵なイラストを描いたミキサー食のランチョンマットを作っておられて、そのイラストの優しさに感動しました。
>
> 職員の教育や地域連携がしっかりなされていることも評価できる点ですね。今の勤め先が大多喜なので、亀田は学生はじめ教職員もよく利用していますよ。
> 今度近くにいらしたら、ぜひお立ち寄りくださーい!(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/895-6a4946b2