スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーク〜食べ物あれこれ〜 

写真 5写真 3
写真 2(3)写真 1





暑いニューヨークから涼しいイギリスに戻りました!




滞りがちな更新をどうにかしたいのですが、
新しいパソコンに加えてカメラも新しくしたのがよくなかったのか
どちらもお利口過ぎて余計な設定を勝手にしているのか
私にはとっても使いにくい。。。
早く習得してサクサク更新できるように頑張ります!!!




さて!ニューヨークでは今ホットな食べ物を中心に食べ歩きしてきました。
さすが国際都市ニューヨーク、食のバラエティが半端なく広くて深い!
受け入れられなかったものは自然に淘汰され、
または流れと共に進化しているなとも感じました。
今回気になったキーワードは
グルテンフリー、ロー(生)、エンザイム(酵素)、オーガニックなど。





写真左上のカップケーキはBaby Cakesのもの。
ここのスウィーツは全てヴィーガン(卵や乳製品など動物性一切なし)で
大豆製品も使っていません。
しかも半分くらいの商品がグルテン不使用、砂糖不使用です。
ここまで厳しくこだわっていながらにして、
ここのカップケーキはしっとり&リッチで深い味わいが出ているんです!!!
ヴィーガン、マクロビオティック、グルテンフリー仕様のスウィーツは
今までに結構食べてきましたが
こんなに美味しいカップケーキは初めて!!!




あまりの美味しさにビックリして色々と取材しました。
粉はスペルト粉、玄米粉、ひよこ豆の粉、そら豆の粉を使っているようです。
油脂類はキャノーラ油と低温圧搾のヴァージンココナツ油を使用。
甘みはアガベやサボテンから取られた甘味料、
また砂糖がOKな商品には精白されてない
濃縮さとうきびジュースを使っていました。
ちなみに全てコーシャー仕様(ユダヤ教の食事規定に従った食品)です。




カップケーキの他にブラウニー、バナナブレッド、シナモンロールも
頂きましたが、全て丁寧に作られてるのがよく伝わってくる
驚きのおいしさででした。後味もよくて、食べた後も気持ちよい♪
主人もその味にとりこになっていました。
お店はレトロな雰囲気がとてもかわいらしい!
ちまたのカップケーキと比べるとお値段は高めですが、
価値ある味でした。




オーガニックブームは落ち着いて定着し、
今やあらゆる場所にオーガニックの文字が踊っています。
Whole Foods MarketやTrader Joe'sなどの
オーガニック商品を多く扱うスーパーも店舗を増やしていました。
オーガニックの農家さんやパン屋さんなどが出店する
ファーマーズマーケットも健在。
大小のマーケットがマンハッタン各地で開催されていました。
食べ物だけでなく、宿泊したホテルのタオルは全てオーガニックコットンでしたし
街のクリーニング屋さんでは「オーガニックドライクリーニング」
なるものも発見しました。
どんな仕上がりなんだろう???




マクロビオティックを一緒に学んだ生まれも育ちもニューヨークの
キャロルに会い、最近の食事情を色々と聞いてみました。
彼女は数年前にグルテンアレルギーが出るようになってしまったので
そこからグルテンなしの生活をしているようです。
キヌアやお米の麺やグルテンフリーパスタを多く食べていると言っていました。
アレルギーや健康を気にしてグルテンを食べない人が増えているようで、
ニューヨークのレストランではグルテンフリー対応をしているところが
増えたと言っていました。
スペルト粉、私はグルテンフリーだと思っていたのですが
多少のグルテンが含まれているのでアレルギーの人には向かないことも学びました。




彼女はマクロビオティックのプライベートクラスを運営しています。
味噌や醤油、梅干し、納豆などの発酵食品の素晴らしさは
よく分かっているのですが、普通のアメリカ人に勧めるのは難しい。
ローフード(火を通さない食べもの)も酵素があっていいけど
量や質など食べ方に気をつけないと体を冷やしすぎてしまうので
キャロルはテンペやサワークラウトなどの発酵食品を
積極的におススメしていました。
改めて日本人の酵素の取り入れ方、発酵の利用の仕方は素晴らしいなと思いました!
「テンペは今やとてもポピュラーな食材だから紹介しやすい。
納豆はやっぱりダメだね。梅酢や味噌も料理に使いやすくて好きだよ!」
と言って、彼女も頑張って発酵食品を広めていました。




写真右下のチーズはオーガニックのローチーズ。
作る工程で一切火を通していないようです。
スーパーにもファーマーズマーケットにも「raw cheeese」がいくつかありました。
お味は深くて美味しかったですが、食べた後すぐにおなかがグルグル言って
反応していました。
そういえばフランスでカビがたっぷりのチーズを食べた時も、
その日の夜におなかが騒がしくなりました。
チーズは大好きですが、強いチーズは消化は難しいようです。。。





ニューヨークの溢れるエネルギーを支えている食、
調べれば調べるほどダイナミックで面白い!!!
ヘビーな食事も健在ですが(笑)、
健康志向は益々盛り上がっているようです♪
ニューヨークレポート、次回に続きます〜


コメント

う〜ん、ニューヨークに住んでいるのに、最近はたいしたモノ、食べてないです、この記事を参照に、ちょっと試してみます。ありがと!

Kaz先生

ブログにいらしてくださって嬉しいです〜♪イルカになるだけじゃなく、食べるものにも少し注目してみてくださいね^^ またニューヨーク戻りたいです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/900-53f55ad1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。