スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィーン 

photo 3(2)photo 4(2)
photo 1(2)photo 3(1)






イギリスが発祥と言われるハロウィーンですが、
イベントの規模で言うと今はアメリカの方が盛んですね。
先週から週末にかけて、あちこちで仮装している人を見かけました。
主人の会社でもプロのメイクアップアーティストが来て
かなり怖いフェイスペイントしてくれたようです。





怖いと言えば、日本の「こわい」と欧米のそれとは種類が違うような気がします。
欧米の怖いは血だらけの顔とか、あっと驚かせるような
思わずキャー!と叫ぶようなビックリ系。
日本のはジワジワと心身共に芯から冷えるような、
夜思い出したらトイレに行けなくなる系。
怖いのは大嫌いな私ですが、日本のホラーに比べると
欧米のホラーは可愛らしいなと思ってしまいます。




さて、先週のある日、ケンブリッジの友達:シルビアが
ハロウィーン・ティーパーティーを開いてくれました♪
ケンブリッジの老舗スウィーツ店「Fitzbillies」のケーキたちと
お料理上手の彼女特製サンドイッチ、たくさんのスナックやらフルーツ!
時に姉のような、母親のような存在のシルビアはいつも大歓迎で迎えてくれます。
フラットの玄関を入る時に
「ハロウィーンだから家をデコレーションしたの、見てこれ!」
と言ってシルビアが指さした先にあったのは、クモの巣。
自然にできたクモの巣、いつもならとってしまうけど
ハロウィーンだからインテリアの一部なの、と
キュートな彼女らしい演出です♪




彼女のご主人様はアメリカの大学で流体物理学を研究しています。
最近、多発性硬化症であることが分かり、治療法を考えてるとのこと。
いつもたくさんの笑顔をくれる彼らに何かしてあげたい!!!
私の一方的な押し付けにならないように、一つのアイデアとして
甘いものが大・大・大好きな彼に、砂糖不使用のヘルシースウィーツと
インスタントのオーガニック味噌汁を買いました。
そして多発性硬化症の対処法が書かれている文献も渡してみました。
「ナチュラルな治療法にすごく興味があったから嬉しい!!!」
と、とっても喜んでくれました♪やったね~
今後もフォローしていくつもりなので、経過が分かったらご報告いたします。





ちなみに子宮内膜症の手術を受け、マクロビオティックを取り入れた
ライフスタイルを実践しているローラの現在は、内膜症を再発することもなく
生殖器系の調子は以前と比べ物にならないくらい良いようです♪





さて、我が家でもハロウィーンの雰囲気を演出しようと、
とりあえずかぼちゃを購入!
黄色のかぼちゃは観賞用、ダークグリーンのかぼちゃは食べられます。
二つのコロンとした姿がかわいい~!しばらく飾っておこう♪
それからオーガニックショップで日本のかぼちゃと同様のhokkaido kabochaを買い、
野菜グラタンを作ってみました。
豆乳でベシャメルソースを作り、かぼちゃ、リーク、マッシュルームを入れて
オーブンへ。
ベシャメルソースの隠し味は味噌♪味噌の力で温め効果も増します。
ゲストにお出ししたところ、大好評!試作を重ねてレシピにしようと思います♪





9月くらいからクリスマスの飾りやプレゼントを販売しているお店もありますが
ハロウィーンのイベントも今月末で終わりなので
来月からはクリスマス熱がさらに加速しそうです。





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/911-eac45b34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。