スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンクスギビング 

download-43.jpgdownload-24.jpg
download-23.jpgdownload-21.jpg




先週の木曜日はアメリカのお祭り、サンクスギビング(感謝祭)でしたね。
家族や友達など周りの人たちの絆を確かめ合い、
改めて感謝する日。
主人の会社はアメリカ系なので、イギリスに支社があろうとも
アメリカのイベントも当然楽しみます♪




社員の家族を会社のパーティへ招待してくださいました。
この会社は公私がほどよく混じり合っていて、
いつも温かくフレンドリーな雰囲気が伝わってきます♪
主人はロンドン支社唯一の日本人、
私たちの他に日本の方は見当たりませんでしたが
中国系やシンガポール系の方がいらっしゃっることが分かり、
なんだか嬉しくなって少しお話しました。
こうして家族同士の交流ができるのもありがたい!




サンクスギビングと言えば、たくさんのお料理!!!
初めてアメリカのサンクスギビングを経験した時には
食べた後は冬眠するかのように、人々は動けなくなるくらい食べます。
ターキー、スタッフィング(パンの詰め物)、パンプキンパイ、
マッシュポテト、グレービー、、、など
とにかくお腹にたまりそうなものばかり。
主人はこの季節になるといつも「ターキーを食べると眠くなる」と言いますが、
私はただの食べ過ぎ!と思っていたら科学的にも根拠があるらしく
ターキーには眠くなる成分が含まれているらしいです。




数年前のレッスンで、サンクスギビングやクリスマスなど
冬のホリデーシーズンに合ったお料理をご紹介しました。
ターキーの代わりにカボチャを丸ごと使って中にスタッフィングを詰めたもの、
スタッフィングにはセイタンを使ってボリュームを出しました。
その他には豆腐マヨネーズを使ったウォルドルフサラダなど
植物性を中心にしたものは食べ過ぎても罪悪感が少ないものばかりですね。




この日のお料理はフィンガーフードが中心で、
子供も大人も楽しめるもの♪
ターキーは丸ごとでなく、上品に小さく切ったパンの上に盛りつけられていました。
子供たちが多かったので、スパイシー&強い味は元々のお料理にはつけず、
ソースやディップという形でお好みに合わせて用意されていました。
ベジタリアン用のお料理はビーガン仕様、ポレンタを揚げたものや
野菜たっぷりのサモサなど、こってりしたものもあったので大満足♪
ビーガン仕様にすると卵や乳製品アレルギーの方も安心ですよね。





アレルギーや好みが多様化する中で、常にアンテナを張って
しかも美味しいお料理を提供するのって大変だな〜なんてしみじみ感じました。
動物性食品を使って美味しいお料理をするのって、
植物性だけで作るよりも簡単なんですよね。
私は日頃のお料理で魚介類を使いますし、卵&乳製品もたまに使用します。
すでにキレイに洗って切ってあるものだったらパックから出して火を通せば
簡単にお料理に「うまみ」が加わりますし、
コクやリッチさを出してくれる卵も乳製品も使いやすい。




イギリスではアメリカ同様、グルテンフリーも流行ってきています。
ビーガンでもグルテン不使用でも、美味しいお料理やスウィーツが作れる
マクロビオティックのお料理がもっともっと注目されるといいな〜!




サンクスギビングから少し遅れてしまいましたが
ブログに訪問してくださる皆様、いつもありがとうございます!!!



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/916-1d46fd53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。