スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レスキュー 

download-50.jpgdownload-38.jpg
download-31.jpgdownload-39.jpg





フランス人のお友達:リサの息子のルカは約4ヶ月になりました。





2ヶ月前からずっと呼吸器と消化器の調子が悪く
母乳を飲まない時も多くて、飲んだら飲んだで
その後はぐずったり泣いたりでなかなか寝付かず
リサも夜全く眠れない日が何日もあったようでした。
子を持つ親の方々でしたら程度の差はあれ
こんな経験はあるのかなと思います。




先日、リサから電話がかかってきました。
泣いていたのはルカではなく、リサでした。
年下だけど落ち着きがあって、考え方も大人なリサが
泣いていることに私はビックリしました。
「昨日も一睡もせず、なかなか飲まないミルクを少しずつあげたり
泣き叫んでいるのをあやしたり、もうどうしたらいいのかわからなくて、、、」




病院の先生には乳製品アレルギーかもしれないから控えるように言われ
大好きな乳製品をやめて母乳の質を変えたりもしていました。
普段からオーガニックや質のいいものにこだわって食べているのに
私の母乳が最愛の息子にとって悪いのかもしれないと自分を責め、
寝ていない+外に出られないストレスもたまって、限界な様子でした。




家の冷蔵庫は底をつきはじめてるとのこと。
「とにかく家で待ってて!」と言って大急ぎで近所のオーガニックショップへ。
乳製品不使用の食材やすぐ食べられるデリなどを持てるかぎりたくさん買い込み、
バスに乗ってリサのお家に行きました。
2時を過ぎているのにランチも食べてないとのこと、
持って行ったデリをあっという間に平らげて少し落ちついたようでした。
ルカはただニコニコと笑っていました。




「私を救ってくれてありがとう。
恥ずかしいけど、自分でもコントロールがきかなかった。
一人一人の赤ちゃんは違うから他の子と比べちゃいけないのは
分かってるし、小さい頃は弱いから
場合によってはこういう時期があることも分かってるんだけどね。。。」
そう言うリサのやせてしまった肩を抱きしめてあげました。
彼女はまた泣いていました。





「ロンドンに住むなら近くに住もうね!お互い助け合えるし、淋しくないし。」
と、ケンブリッジにいる頃から彼女と約束していました。
ロンドンのリサの家の近くに引っ越しが決まった時、誰よりも喜んでくれました。
私もリサも、両親や兄妹のことが恋しいのですが、近くにいない。
彼女が近くに住んでいることは私にとって大きな安心の一つになっています。




この日の数週間後、もう一度レスキューに行きました。
赤ちゃん関係のことはまだよく分からないのですが
母乳に役に立ちそうなものをと思って、
マクロビオティックの呼吸器系のお手当のコーレン(れんこんの粉末)と
消化器系にいい梅しょう番茶、
作りおきしておいたひじきの煮物などを持っていきました。
一度だけ飲んだ&食べただけだったようで、効果はなかったみたいです。
赤ちゃんのケアはもう少し勉強しなくっちゃ。





その次の週、リサとルカ、ご主人のファビオがうちに来てくれました。
リサだけでなく、ファビオもやせこけていました。
この日は彼らの為に大量にお料理しました!!!(上の写真)
玄米とキヌアを入れたご飯に油揚げを焼いたもの、枝豆、下味をつけたパプリカ、
スモークサーモンなどを混ぜたまぜ寿司と、
レンコンをたっぷりすりおろし、炊いた高きびを入れたレンコンハンバーグ、
写真の他にもお豆腐サラダ、レプイレンティルのスープなども作りました。
全て気に入ってくれた中でも、特にレンコンハンバーグがヒットだったようです♪





リサは今までに何度も私をレスキューしてくれています。
肝心な時にそばにいてくれたり、電話やメッセージをくれたり
それが当然のことのように。
私は彼女のように大人っぽく対応できないし
リサが動揺してたら私も空回りしてしまうけど(笑)、
そんな時にはとにかく側に行って、
大切な彼女の肩を抱きしめてあげるだけでもいいんだと思いました。





大人になって、一人でできることが多くなって
強がらなくちゃいけないことも増えて、
それでも人は一人じゃ生きられないから、泣きたい時もあるかもしれないし、
甘えたい時だってある。
リサが泣き止んで、彼女の笑顔を見た時
心から幸せな気持ちになりました。





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

mariさん

貴重なお話をありがとうございます!!!
この週末に彼女に会う予定なのでさっそく伝えます。
症状の根本的な原因や対処法が分からないままだと本当に辛いですよね。。。mariさんがコメントしてくださったお陰で原因を突き止める何かの手がかりになるかもしれません!
ご経験をシェアしてくださり、本当に感謝しております♪何か進展がありましたらまたこちらでご報告いたしますね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Akikoさん

貴重な経験談をありがとうございます!
お返事が遅れて失礼いたしました。先週末にリサに会ってアドバイス下さった各種アレルギーの話をしました。5週間も待って、ようやく今週にNHSで詳しく検査をしてくれるとのことです。
今は母乳をやめてアレルギー対応のミルクを飲ませたり、早くも離乳食を始めたりしたようです。頻繁に吐いてしまうので消化器もまだ弱っている様子。体の成長と共に強くなっていってもらいたいと思います!
シェアしてくださって本当にありがとうございました!!!

お久しぶりです

Makikoさん

この投稿を読んで、同じ子育てママとして感情
移入せずにはいられませんでした。そしてリサさんにはMakikoさんという、一番必要な時にレスキューしてくれる素晴らしいお友達がいる事がほんと羨ましいです。
赤ちゃんの状況はほんと心配だし、やっぱりママと赤ちゃんってつい最近まで一心同体だったから、客観的に状況を見るのが難しくて神経質になったりしやすいと経験して感じます。 特にまだ月例が進んでない時は、色々安定しなくて焦ったり、他の子供と比べてしまったりあるかと思うのですが、「そのうち」安定してくる事も多くて、「心配せずもっと子育て楽しんだら良かった」なんてことも大くあります。 できる事をやってあげたら、あとは赤ちゃんが笑顔になるように、ママがほがらかで幸せがいるのが一番赤ちゃんに良いかなって思います。

Yukariさん

お久しぶりです〜♪コメント嬉しいです!
ドクターからも成長していくと共に安定してくるだろうと言われたようです。色々なアプローチを試したり、試練を乗り越えることで彼女も強くなってきたなと思います。それと同時にリサも少し肩の力が抜けたかも。ママがリラックスして笑顔でいることって、子供にとっても嬉しいことですよね♪私がお手伝いできることはリサを笑顔にすることかな。貴重な経験談をありがとうございます!Yukariさんも子育て楽しんでくださいね♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/920-1123bf52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。