携帯電話の盗難 






あーーーー、やられました!携帯電話を盗まれました。
こんな犯罪もあるということをみなさんにも知って頂きたいので、
お恥ずかしいことなのですが体験談を書かせて頂きます。




昨日、5時頃に近所のスーパーを出ていつもの歩道を歩いていました。
主人の帰りの時間をきこうと思ってiPhoneを出してメッセージを送ったところ
後ろから黒い手が伸びて、その手が私の手から携帯電話を奪い取りました。
はじめは誰か知っている人が後ろからサプライズしているのかと思って
振り返ったら、男が走って逃げていきました。
というのは、歩道には私の他にも人がいたし、薄暗かったですが夜ではないし、
まさかこんなところで大胆にも窃盗を行うなんて予想外だったのです。




とっさに大声で「泥棒!捕まえてーーー!」と叫び、自分もすぐさま後を追いました。
約200メートルくらい走ったでしょうか、
私が背の高い黒人の男性に追いつくはずもなく、、、逃げられてしまいました。
追いかけている時にすれ違った青年が「警察を呼ぶね!」と言って
警察に電話してくれていました。
近くでパトロールをしていたバイクに乗った警察が約2分で到着、
青年から聞いた情報を元にすぐに犯人を探し始めました。
パトカーも5分後には到着。




そこでちょっとひと呼吸したら手が震えていることに気付いて、
涙がボロボロ出てきました。
青年に、「大丈夫だよ、何よりあなたに怪我がなかったんだから。
深呼吸して。ご主人に電話する?これ使っていいよ。」と、
優しくも電話を貸してくれて、落ち着かなきゃと思って主人にとりあえず報告。
(主人の携帯電話番号は手書きのメモで財布に入れてありました)
パトカーに乗って事情を説明すると、iPhoneの盗難はすごく多いけど
人がいる歩道で手から奪って行くのはビックリだとか。
とにかく怪我がなくてよかったと言われました。




状況説明と犯人の顔や容姿を聞かれ、電話番号はもちろん、
トラッキング(追跡)のアプリを入れているか、
Apple IDとパスワード、買った時の箱が残っているかなどを聞かれました。
箱は保管してあったので、後ほど箱の後ろに書いてあるIMEIの番号を知らせました。
できる限りの追跡をしてくれるようです。




警察の方が家まで送ってくれて、その途中でまた手が震えだして
涙がボロボロ。警察のお二人が一生懸命励ましてくれて、
荷物を持ってくれたり、玄関の前でわざとコケて笑わせようとしたり、
とっても優しく辛抱強く対応してくださいました。
それに連絡をしてくれた青年も、その後も主人に報告のメッセージを送ってくれたり
家に着いたら大家さんが私を落ち着かせる為にハーブティいれてくれたり、
そんな周りの人々の愛に溢れる姿をみて、恐怖が占領していた心が救われました。




電話は見つかるとは思っていませんし、データはほとんどバックアップしてあるので
電話そのものには未練はありません。
なので警察の方にもみつかる確率なども聞いていませんし、
なくなったものはモノだけでよかったとホッとしています。
度重なる引っ越しや少ない荷物での世界一周旅行を経験し、
良い意味でなくなっていくモノへの執着が減ったことに自分で気付きました。
でも心配だったのが、万が一、データをいじられて
登録してある方にご迷惑がかかること。それは避けたい!
不幸中の幸い、iPhone盗難はほとんどは転売目的などで
登録の電話番号へのいたずらはしないようです。




それから、電話をプレゼントしてくれた主人には本当に申し訳ないです。
「怪我もその他の被害もなかったこと、無事だったことが何より大切だから
 全然気にしてないよ!」
と言ってくれて、これまた救われました。。。
「習っていた合気道を活かすことができなかった。」と、つぶやいたら
「追いかけたのだって危なかったかもしれないよ。下手に手を出すのは絶対ダメ!
モノはなくなる、水道の水みたいに流せばいいんだよ。」と言われて納得。




家に着いてすぐにやったことは
携帯からアクセスしていた各種サイトのパスワードの変更。
そして携帯電話の契約を解約、私の場合はpay as you goという
プリペイド式の契約だったのでこれに関してはほぼ被害はありません。



警察の話しによると、犯人の特定は難しいけど
最近は無政府状態のアフリカ諸国から難民となった人々がイギリスに流出してきて
その人々が貧富の差から犯罪に走るケースが増えているようです。




たとえ日本にいても常に気をつけていたつもりだったので悔しいのですが、
新たに緊張感を持って、行動したいと気持ちを入れ替えました!
被害にあったのはアンラッキーですが、すごく良いレッスンだったと思います。
特にiPhoneや各種スマートフォンは高く売れるようなので、今は泥棒さんの大好物。
みなさんにも、ロンドンでもそれ以外でも人前で出して使う時には
周りを気にして、緊張感を持って、気持ちよく使って頂きたいなと思います。
そして万が一に備えてデータのバックアップをこまめにとって、
セキュリティロックやトラッキングなどの設定もチェックするといいかもしれません。




周りの優しいサポートを頂き、悪い泥棒さんもいるけど
それよりも多くの素晴らしい人々が周りにいることを改めて感じました!
恐怖感を温かい気持ちに変えてくださって、本当にありがとうございました!!!




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/935-d635bcd6