スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの誕生日 

download-179.jpgdownload-181_20130220210343.jpg
image_20130220232200.jpgimage_20130220232853.jpg






1月から2月にかけて、たくさんのバースデーを祝いました!




1月初めの主人の誕生日にはケンブリッジでのクラスメート達を中心に
友人達を我が家へご招待。
ロンドンの家に引っ越してきてから「House warming party」(家のお披露目会)
もしていなかったので、それも兼ねて仲間達に来てもらいました!



彼のリクエスト通りのお料理をたっぷり作っておもてなし♪
前菜(写真左上)には手作りバジルペーストのカプレーゼ。
モッツアレラを使っているのでバジルペーストにはチーズは入れず、
松の実を入れてリッチ感を出しました。
パーティでは一口サイズでお出ししています。
スティックの上には枝豆を乗せてキュートなアクセントに!




カプレーゼの横にあるのはファラフェルです。
これも主人の大好物♪写真では見えにくいですが、
ファラフェルの下に敷いてあるのはピンク色のフムスです。
市販のオーガニックフムスに茹でた赤いビーツを入れて撹拌し
ピンク色にしました。色が出る素材はあちこちで活躍してくれます!




みんなが大好きな巻き寿司にはエビの天ぷらを入れて天巻きに。
ベジ用ももちろんご用意。ところで、友人には妊婦さんが多いのですが
彼女達が避けたい食べ物の、加熱処理されていないチーズ、
生の動物性食品全般、火の通っていない卵などには
いつも気をつけてお料理を出しています。
人によりますが、私の周りの友達はドクターの指示通りに気をつけている子が多く、
生野菜も確実にキレイに洗ったものしか食べていません。
(動物の糞尿や土からの菌の影響を心配して)

image_20130221005157.jpg




メインは彼が大好きなサーモンを一匹買いしマリネしてローストしたもの。
(写真は半分になっています)
マリネ液には自家製塩麹を使って、チリ、オリーブオイル、醤油、
はちみつなども入れました。これは予想以上に大好評!!!
脂の乗ったしっとりした身にしみ込んだ、味わい深いマリネ液が絶妙にマッチ。
ピリっとしたアクセントも脂っこさを中和してくれていました。
「大げさでなく、こんなに美味しいサーモンは今までに食べた事ない!」
と言ってくれた友達もいて、前日から仕込んだ甲斐がありました!!!

image_20130221005254.jpg



バースデーケーキはこれも主人が大好きな
マクロビオティック仕様のガトーショコラ。
クリスマスの時と同じものです。乳製品も卵も砂糖もなしですが、
食べて美味しければそんなのどうでもよし!!!
口の中では濃厚ですが、普通のガトーショコラに比べると胃袋にはとても軽い。
あっという間になくなりました〜♪
「美味しいもの食べて、みんなでワイワイ集まれたらそれでいい」
と言っていた彼の誕生日、まさにその通りのとても和やかなパーティになりました♪




そんな彼のパーティから数日後、いつもとてもお世話になっている
大家さん:セリーヌの誕生日がありました。
私は胡蝶蘭とカードを買い、主人はセリーヌの愛するウサギ:ソレイユの
絵を描いてプレゼントしました♪




誕生日の早朝、こっそり玄関先にプレゼントを置いていった私たち。
主人が出勤した後に階段上から「わわ、何かあるよー!」と嬉しい声が聞こえました。
私たちのサプライズプレゼントをとても喜んでくれて、
特に主人が描いた絵がお気に入りになったようです!
芸術肌の義父の影響もあり、主人は幼い頃から絵を描く事に長けています。
特に詳細に至るまで描く細密画が得意で、上のうさぎの絵はシャーペンと鉛筆だけで
仕上げています。
ソレイユの毛のふわふわ感、微妙な陰影、すごい!!!




そして、おとといは私の誕生日でした♪35歳です。
毎年感じますが、こうして今まで生かしてくださった全てに感謝しています!!!
なんと誕生日だというのに久々に大風邪をひいてしまい、熱を出して動けず。。。
食欲もなく、受け付けたのは三年番茶とリンゴ、梅干しだけ。
徐々に感じてきた春の気配に、体がデトックスを始めたような感じで
それと同時に35年間に溜まった色々なものも一緒に出したい!と、
体が言ってる感じです。




誕生日の前の週末に、セリーヌとピーターがディナーに招待して下さいました!
(この時は元気でよかった〜)
行ったのは近所の和食屋さん、「寿司若」。
セリーヌもピーターも和食が大好き♪でも、好きなのは「本物の和食」。
いわゆるこちらの人向けにアレンジした日本の料理や日本人が作っていない和食は嫌い。
私たちは和食を食べるなら家でということがほとんどなので
ロンドンでたくさんあるであろう和食屋さんに行ったことがなかったのですが、
セリーヌとピーターが紹介してくれた「寿司若」さんの和食は
まさに日本で食べる和食とほぼ変わらず、とても美味しかったです!




ロンドン在住の日本食好きな方々には有名なのでしょう、
お店には日本人/外国人も含めて常連さんがいらしていて
著名人のサインなども飾ってありました。
金魚の生け簀、たくさんの日本人形、壁に飾られた美しい扇子、
インテリアもとても日本です!
お寿司は本格的、野菜類の小鉢、西京焼などの魚類、焼き鳥や揚げ物など
メニューも豊富で全て楽しめました。




翌日には熱も下がり、今はせきとのどの痛みだけです。
主人はドイツに出張に行ってしまったので、一人暮らしモードで乗り切ります!
週末にはケンブリッジでクラスを担当するのでそれまでに治さなきゃ。
久々のお寿司のクラス、人数が多くて緊張しますが
気合いを入れて頑張ります!!!





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/938-c9576b85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。