お寿司クラス 

535500_10152614650260253_468886250_n.jpg
   download-266.jpgdownload-276.jpg





先週末はケンブリッジでお寿司のクラスを開催しました!





私もお世話になっていたケンブリッジ大学関係者の集まりでは
今年から「クッキングクラブ」を開催しています。
毎月どこかの国/地域のお料理を紹介していくもので
今回私が日本のお料理を任されたのです。
ここはやっぱりみんなが大好きなお寿司でしょ、ということで
みんなで作る参加型のクラスで巻き寿司をご紹介しました!





クッキングクラブのオーガナイザーであるパキスタン人の
アイーシャの大きなお宅を借りて、前日から仕込み開始。
出張クラスに加えて参加者が多いので、買い出しや持っていくもの
お借りするものなどなど、きちんと手配していないと大変なことになります。
アイーシャに加えて客員教授でいらっしゃる日本人のKさんにも手伝って頂き、
ドイツに出張していた主人もイギリスに帰国するなり
ヒースローから駆けつけてくれて、
有り難いことに強力なアシスタントに囲まれての心強いスタートとなりました!




巻き寿司のクラスは今までにも何度も開催していますが、
私のスタイルはクラスを行う土地で、簡単に手に入る材料で作ること。
「お寿司は大好きだけど、作れないからいつも買ってくる。
でも買ったお寿司はあまり美味しくない。」
「刺身がないからお寿司は作れない。」
「材料をどこで買ったらいいのか分からないから作れない。」
というご意見をよく耳にしました。
なので、クラスでは材料の入手先もできる限り紹介し、
お米やお酢などそれぞれの素材の選び方などお知らせして
「家でも作るぞ!」と思って頂けるようにクラスを進めています。




今回ご用意した巻き寿司のフィリングは彩りのキレイな生野菜や
スモークサーモン、エビ、ツナ、卵など普通のスーパーで手に入るもの。
お寿司用のお米、海苔、醤油なども少量タイプならスーパーで買えます。
ワサビやガリのファンも多く、それらの入手先もお知らせしました。




まず始めにお寿司の歴史をちょっとご紹介、歴史好きなケンブリッジらしく
質問もいくつか飛んできました。
その後お寿司の半分以上を占める素材:お米の洗い方、研ぎ方、炊き方を
説明しました。
そして巻き寿司の作り方をデモンストレーションでお見せし、
あとはみなさんの実践!
いつものように巻き寿司は一人一本巻いてもらう形式にしました。




お寿司大好きで自分の巻きすを持参で参加された方、
日本に10年以上住んでいて流暢な日本語でお話しながら
キレイな巻き寿司を作った方など、日本に関して興味を持っている方が多く
会話が弾みました♪
スペインや南米の参加者はとても陽気で楽しむのが上手!
べたべたするお米を触ってはキャーキャー、誰が上手かで競ってはワーワーと、
笑いが絶えず賑やかなクラスで、私も一緒に楽しめました!




客員教授の方々、そのパートナーの方々、また学生のみなさま、
総勢23人もの方にご参加頂き、ありがとうございました!!!
最初から最後までお手伝いをしてくれたKさん、アイーシャ、
そして主人、みなさんのお陰でクラスが無事に終了しました。
本当にありがとう!!!



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/941-bfd78a47