油絵とクッキー 

download-274.jpg
download-277.jpgimage_20130304210553.jpg
写真上:大英博物館の入り口




週末から昨日までの数日間、とっても寒かったー!!!
雪が舞い冷たい風が吹き荒れて、今冬一番寒かったのではと思う程。
日中でも体感気温はマイナス7度にもなり、
せっかく咲き始めた水仙の花がかわいそうでした。
うってかわって、日本は暖かかったようですね。
不安定な春の陽気、皆様もどうぞご自愛くださいませ。




さてさて、そんな週末、主人と一緒に美術館めぐりをしてきました。
イギリスにある多くの美術館や博物館は寄付制です。
つまり、原則無料で入ることができます。
ミュージアム巡りが好きな私にとって、これは本当にありがたいこと!
今までにもたくさんの美術館に行き、恩恵をかみしめてきました。




今回は主人と共に大英博物館とナショナルギャラリーに行ってきました。
目的は主人が描いている作品のインスピレーションを得るため。
元々絵が得意な彼は、今、油絵を描いています。
というより、私が依頼して彼に描いてもらっています。
誕生日のプレゼントに、「絵」をリクエストしたのです!




30歳になる時には、主人に私の写真を撮ってもらいました。
それから5年経ち、この節目に今度は私をモデルにした絵を
描いてもらおうと思いつきました。
気軽に頼んでしまったのですが、絵を描くのって大変なんですね!
特に油絵は、奥深さを出すのに何層にも色が重なっていて
一度描いたらそれを乾かすのにも時間がかかるようです。
出張も多くて、家にいないことが多かったこの一ヶ月でしたが
ようやく十分の一が終わった感じでしょうか。
まだまだかかりそうですが、
少しずつ色が重ねられていく作品をみているのも楽しいものです!!!




主人が見たかったのはルネッサンス期の絵画。
大英博物館には絵画のコレクション自体が少ないのですが、
ナショナルギャラリーにはたーーーっくさんあります!
いつものように、主人に歩くオーディオガイドをお願いしながら
有意義な絵画鑑賞を楽しみました♪
画家の人柄、時代背景、描かれたものや作品自体の本当の意味など
彼から聞く話しは画家の息づかいまで聞こえてきそうで、
ダイナミックでおもしろいのです!




絵を描くのは苦手ですが、彼の影響でアートヒストリーへの興味が
どんどん強くなってきています。
ちなみに彼の絵のイメージに近いのはティティアンとベラスケス。
彼らの作品が参考になったようです。




ナショナルギャラリーには
イタリアの巨匠ダヴィンチやボッティチェリ、スペインのベラスケス、
オランダのレンブラント、印象派の画家モネ、セザンヌ、ゴッホなどなど、
有名どころの作品が数多く揃っています。
自国イギリスの画家のものがあまりにも少なく(あるのだろうか?)
後ろめたさを感じますが。。。




寒い寒いお出かけから家に戻り、作業開始!
週末でも絵が描ける時間を持てるのはほんのわずか、
それに気分も乗らないと良い絵はかけないので貴重な時間です。
私はクッキーを焼いて彼を応援♪
先日友達に食べてもらって好評だったもの、
オーガニックココアクッキーにラズベリージャムを挟んだものを作りました。
砂糖、乳製品、卵なしのクッキーとシュガーフリーのジャムでしたが
優しい甘みはかむ程に感じられて、主人も気に入ってくれました^^




ゆっくりと出来上がっていく油絵は筆を加える度に変化をし、
その時々で色々な表情を見せてくれます。
出来上がりが楽しみです!!!




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/948-bb52873f