豆、豆、豆 

image_20130323202645.jpgimage_20130323202649.jpg
image_20130323202718.jpgimage_20130323202646.jpg





豆料理、手間がかかるからあまりやらないという方も多いかと思います。
乾物の豆からのお料理だと、洗って、浸して、煮て、、、と、
確かに時間がかかりそうな工程をふまなければ食べられません。




私はマクロビオティックを始める前は
豆料理はもっぱら缶詰や水煮のものを使っていました。
それでも作るのは年に数回だった気がします。
アメリカのクシインスティテュートに行った時、
毎日出てくる豆料理のレパートリーとその美味しさに
驚いたものです。
そういえば、私が小さい頃から祖母はよく豆を食べていたな〜。
自分で育てた小豆や色々なインゲン豆を鍋に入れて
ストーブの上でコトコト煮ては私に食べさせてくれました。



一般的に手軽な「豆」の摂取方法としては
納豆、豆腐、高野豆腐、油揚げや厚揚げ、豆乳など
主に大豆の加工品が多いですね。
味噌や醤油も大豆からできてるし、日本人は特に大豆をよく食べます。
上記のような伝統的な大豆食品からタンパク質やカルシウムなどの
栄養を日常的にとっていれば、
体も豆類から栄養を摂取することには慣れてきます。



でも、日本もヨーロッパも、年々豆の摂取量は減っているようです。
調理が面倒、肉類や乳製品などの代わりの栄養源が手軽に手に入ることから
豆離れが加速しているのでしょうね。
お肉も乳製品もおいしいですが、豆もと〜っても美味しいので
豆料理をもっとご家庭で作ってほしい!!!




豆類はコレステロールゼロです。
むしろ豆はコレステロールを下げるお手伝いをしてくれます。
ただ、調理方法や食べ合わせや食べる量によっては
消化が難しくお腹が張りますので、上手に頂きたいところです。




上の写真は最近作った豆料理をご紹介しています。
左上の丸いのはひよこ豆で作ったファラフェルです。
作る時にはいつも大量に、そのままファラフェルとして頂くもよし、
写真右上のようにラザアニアのフィリングとして
ひき肉の代わりに崩したファラフェルを使うのもよし、
(ボリュームがでて主人も大好き!)
写真左下のようにフォークなどで軽く潰してパスタに絡めても美味しい!!!
一度で何度でも美味しいお料理です♪




ひよこ豆は甘みも脂質も豊富で食べやすいお豆です。
ファラフェルは浸水した豆を煮ずに調理するので
夜に豆を水に浸けておきさえすれば次の日には作れます♪
スパイスやハーブなどを調整すればお子様にも安心、
万人受けするお料理なので人が集まる時にはよく登場させています。



写真右下は日本では普通のスーパーでもみかけるテンペ、
こちらイギリスでは自然食品店などに行かないと手に入りません。
インドネシアが発祥の大豆の発酵食品で、すぐに調理出来る状態で
売っているので、特に忙しい時にはとても便利♪
写真右下のテンペは「PAUL」というメーカーのもの、
手作り塩麹&ごま油&コリアンダーのみじんぎり等々と一緒にマリネし
オーブンで焼きました。
油と相性がいいので、揚げたテンペも大好物です〜♪



その他、よく使う豆はレンズ豆(浸水いらず)、
小豆(イギリスでも簡単に手に入ります)、
レッドキドニービーンズ(これの煮込みは主人の大好物)など。
それぞれに色がカラフルなので、透明容器に入れて
キッチンに置いておくだけでも心躍ります♪
今の季節はレンズ豆のような、軽いお豆が合うかな。




豆料理、みなさんも楽しんでくださいね!!!




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/952-ee3fe543