カラーパワー 

image_20130405184537.jpg
image_20130405184723.jpgimage_20130405185716.jpg





暗〜い冬を越えて春になると、カラフルな素材がよく目につきます♪




マクロビオティックのお料理は、
特に基本食やお手当食だと全体が茶色っぽくなりがち。
パッと見ただけで人が相手の第一印象を感じ取るように
お料理も見た目で食欲が湧いたり、嬉しくなったり、
はたまたガッカリすることがあると思います。




私の実家はお弁当屋さん、
最後の盛りつけの後にお弁当箱全体を見てみて
色が足りない時にはメニューにはない一品を加えてみたり
パセリやレモン、トマトなどでカラフルさを出しています。
母はいつもこのひと手間をすごく大切にしています。
ほんの少しのアクセントですが、
入れるのと入れないのとでは全く印象は変わるんですよね〜。




エネルギーが満ちてロマンティックな赤、元気が出る黄色などに
惹かれているこの頃、最近使ったお野菜をご紹介します。
一番上の写真は赤いチャード。
日本ではフダンソウ(不断草)、アマナ、ウマイナなどと呼ばれるもので
少しアクはありますが食べやすい青菜です。
芯の部分が黄色のものや白、ピンクがかったものもあり
色がとてもキレイ!
スーパーよりも小さな八百屋さんや自然食品店でみかけることが多いです。




先日はこのチャードをさっと湯がいて、
昆布を細切りにしてねばりを出したものと一緒に絡めて
酢醤油さっぱり頂きました。
昆布に鮮やかな赤と緑が加わり、カラフルな一品♪




左下の写真は中がしましまになっているビーツの一種。
それをスライサーで薄切りにして塩と梅酢で漬けました。
モノによっては土臭さが強かったり、苦みがあったりして
生食よりも加熱した方が美味しいものもありますので
味見してから料理法を考えるといいと思います。




ビーツは各種大好きで、オーブンでローストしたり
きんぴらにしたり、アクセントにサラダに入れたりしています。
真っ赤なビーツだと、とにかく強烈に色が出るので
それをうまく利用するといい仕事してくれます!
「赤」は前向きな明るい気持ちにさせてくれますね〜♪




写真にはないですが、黄色のズッキーニと人参も買いました。
ズッキーニはシンプルにオリーブオイルでソテーしたものが大好き!
とろける濃厚さがなんともいえません。
黄色の人参はオレンジの人参と一緒に千切りにしてきんぴらにしたり
細めなので丸ごとローストしたりして食べました♪
黄色のパワーは金運もあり、元気も金運も頂いた気分です。




右下の写真はダフォディル(水仙)の花。
我が家の食卓に飾ってあります。
イギリスに来て以来、この黄色を見ると春になった〜と実感するのです。
お料理だけでなく、環境の色にも注目してみるのもいいですね。
キッチンに食卓に、ちょっとした季節の花を置いたり
テーブルクロスの色を工夫したり、食器を変えたり、
インテリアでも色で遊んでみるのも楽しい!




春は色とりどりの花を咲かせてくれるだけでなく、
気分もカラフルにさせてくれますね♪




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/954-413711be