ふたたびのドバイ 

***************************
5月のレッスンをご案内中です!
開催日は5月15(水)、17(金)、19(日)日
詳細はこちらのページから、
または http://maquicita.blog70.fc2.com/#entry951 へアクセス下さい。
ご参加をお待ちしております!!!
***************************

image_20130428215147.jpg
image_20130428214125.jpgimage_20130428214116.jpg
写真上:新聞のアースデイの記事、下:ホテルのプール
(ちなみにドバイでは水はどこからくるかと言うと、
ほとんどが海の水を淡水化して使用しています)




スウェーデンから帰ってきた次の週、ドバイに行ってきました!




今年2回目のドバイ、今回は連日30度前後で夏先取りの陽気でした♪
私は連日ホテルにこもってお教室準備の仕事。
5月からのレッスンに向けてのテキスト作りやリサーチなどをしていたので
夏の陽気はホテルのプールで味わっただけでしたが
イギリスでは味わえない暑さが気持ちよかったな〜!



仕事以外では毎日地元UAE(アラブ首長国連邦)のニュースに注目していました。
上の写真の新聞記事は、アースデイの活動の様子が書かれています。
4月22日は世界規模で行われている運動、アースデイでしたね。
この「地球環境のことを考えて、行動する日」には
ドバイでもリサイクルを中心に色々な活動が行われたようです。




ウォーキングイベントには1450人もの人が集まり、
全員で古タイヤ6000個から作られたジョギングコースを歩いて
リサイクルを呼びかけました。
また電化製品のリサイクルでは、特に携帯電話のリサイクルに力を注いでいて
ドバイ環境団体を支持しているノキア社は
「家で眠っている使わない携帯電話をリサイクルすれば
新しい携帯電話へ生まれ変わり、また天然資源の保護にもつながる」
という事実を多くの人に知ってもらいたいと言っています。



また、観光産業が盛んなドバイでは観光客が集まる砂漠、ビーチ、海には
たくさんのゴミが出て問題になっています。
アースデイには22人のダイバーが海の清掃をして
200キロのゴミを収集したそうです。
砂漠やビーチでもゴミ拾いが行われたり、
砂漠に木を植える活動が実施されたり、
子供達が古いCDケースからフォトフレームを作ったり、
あらゆる団体によって様々な活動があったようです。




そして新聞の右側にはオーガニック農業の記事がありました。
ハンディキャップのある方々を支える団体が、彼らにオーガニック農業や
養蜂、養鶏などの技術を教えてその商品を地元内外に売り出そうというもの。
農作物の多くを輸入に頼っているUAEにとっては自給率アップにもつながるし、
ハンディのある方への就職斡旋にもなるし、
さらにさらに!輸入する際に輸送で大量に排出される
炭酸ガスを減らすことにもつながる!と言って話題になっているようです。




作る野菜は主にきゅうり、唐辛子、ナス、キャベツ、レタス、カブなど。
キュウリや唐辛子、ナスなどの夏野菜はどんどん育ちそう!




以上のようなUAEの現実、読んでいて嬉しくなりました!!!
資本主義が大きくはびこるドバイでも
アースデイも健在だし、オーガニック農業も動き出しているのですね。




先日、ドバイ警察がイタリアのスーパーカー:ランボルギーニを
パトカーに導入して話題になりましたが、
この新聞記事のようなグリーンな活動も
もっともっと大きく話題になってほしいな〜と思いました。
ホテルに缶詰のドバイ滞在でしたが、
仕事もはかどり有意義な時間でした!






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/960-b2ab649b