お三味線 

download-342_20130513014940.pngdownload-344_20130513034508.png
download-350_20130513014947.pngdownload-349_20130513014947.png





少し前のことですが、イギリスでお三味線を習うという
貴重な体験をしました!




お三味線の先生、J先生はアメリカに長く住んでいた経験もおありの
とてもインターナショナルな方。
今回のイギリス滞在は6ヶ月と短いのですが、
お着物、お三味線はもちろん、茶道道具一式も持ってこられていました!
この日は多国籍の方々にお着物を着せ、お三味線と触れ合い、
和食を食べるという盛りだくさんな内容!!!
お三味線の音色を間近で聴ける貴重なチャンスに
私も参加させて頂きました♪




まずはJ先生と一緒に何人かの方々にお着物を着せてみました。
着付けは自分の勉強も兼ねて少しだけお手伝い。
どんな体格の方にでも上手に着せてしまうJ先生の柔軟さが素晴らしい♪

download-341.jpg




そしてJ先生のお三味線を鑑賞。
三味線の音をこんなに間近で聴いたのは初めての経験でした。
シャープに響く音に続く余韻を遊ばせるセクシーな音色にうっとり!!!
なんて素敵な音なのでしょう♪
三味線の音がこんなにもキレイだなんて、
今まで思ったことがありませんでした。
何十年もお稽古してきたJ先生の演奏が素晴らしくて
ずーっと聴いていたいと思うくらい入り込んでしまいました。



とても気さくで優しいJ先生は、お三味線に触らせてくださり
そして「さくら」の弾き方レッスンも開いてくださいました!
音を出す前の座り方、姿勢、指使い、お三味線の持ち方などなど
細かくご指導。
先生が演奏している姿を見ていると
どこにも力が入っていなくてしなやかですが、
慣れていない私は初め全てに力が入って、演奏どころではアリマセン。




合氣道の基本原則の一つ、「全身の力を完全に抜く」というのは
和の道を極めるところ全てに通じるところがありますね。
ようやく緊張が解けたところで音を出すことを教わり、
先生の励ましとスムーズな誘導でなんとか「さくら」を弾き終えました。
あ〜楽しい!!!
こんなにも三味線に惹かれるとは、想像もしていませんでした。
何より演奏も教えるのにも秀逸なJ先生のお弟子さんはさぞ幸せだろうな〜♪





三味線の後はお好み焼きパーティ!
久々のお好み焼きで、私も嬉しい〜♪
折り紙のおもてなしが可愛らしいですね。

download-342.jpgdownload-349_20130513041410.png




三味線のつやのある音に陶酔し、着物の新たな可能性を発見し、
お好み焼きに舌鼓を打ち、和にどっぷりと浸った一日でした!
和の尊い文化、その美しさは形あるものだけでなく
それを伝えようと日々努力している人々にも宿るものなのでしょうね。
J先生の文化交流に学ぶところがたくさんありました。






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/966-023b59ca