スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和食とゲスト 

download-690_20130725192246.jpg
download-688.jpgdownload-686.jpg





少し前のことですが、学生時代のサークルの先輩で現在LA在住のAさんと
ロンドンにて4年ぶりの再会をしました♪
鮮やかな黄色い花束を両手に抱えて待ち合わせに現れた憧れのAさんは
しなかなだけど潔く、一本筋が通っていて
どこまでもかっこいいその姿勢は全く変わらず、
彼女の魅力は更に輝きを増していました。



卒業後は疎遠になっていたのですが、
マクロビオティックを通してつながりが復活!
地球規模で離れていても偶然に共通の知り合いも複数いたりして、
なんとも嬉しい再会を果たしたのです。



そんなAさんととっても優しいアメリカ人のご主人様と
自宅で和食ディナーをしました!(写真上)
作ったものは・・・
 ・夏野菜の揚げ浸し
  ナス、パプリカ、ズッキーニなどをさっと素揚げして
  昆布椎茸だし、米飴、塩、柚子こしょう、醤油で味をつけた
  漬け汁に浸しました。両者熱々で合わせ、冷ますと味がしみ込みやすいです。
  ごはんがすすむー!!!

 ・マッシュルームとサーモンのフライ
  ブラウンマッシュルームの軸を取ります。そこにサーモンをほぐしたもの、
  ディル、小さく切ったチーズ、粉少々などを混ぜたものを詰めて
  海苔で巻き、衣をつけて揚げました。
  海の香りと山の香りが美味しい一品♪

 ・ルッコラとワカメの酢の物
  自家製ルッコラとワカメを玄米酢と梅酢で作った合わせ酢で合えました。
  こういう一品は夏の箸休めにぴったり!

 ・コーンと枝豆ごはん
  白米、丸麦、キヌア、ミレットを混ぜたものに
  コブつきコーンを入れて炊きました。
  炊きあがり後にコーンの実をそぎ落とし、茹でた枝豆も混ぜて夏の彩りに。
  黒ごま塩をアクセントに添えました。

 ・出汁巻き卵と塩麹チキン
  卵焼きは昆布椎茸出し、塩、米飴で味付け。
  出汁はけして強くないので、上品にほんのり香る程度の風味です。
  チキンは自家製塩麹とハチミツに漬けたもの。
  たまにしか頂かないお肉ですが、だからこそ味や質の違いを感じます。
  人にも環境にも優しいものを選んで美味しく頂きたいものです!

 ・冷や奴
  クリアスプリングというメーカーのオーガニック絹豆腐。
  滑らかで、豆の風味がよく、そのまま食べても美味しいのです♪
  こちらにも自家製ネギをちらして。
  やっとスプリングオニオンも収穫できるようになりました。



旅をしていると外食続きでお腹も疲れがち、、、
この和食は体にもしみ込んだようで、とっても喜んでくださいました!
日本語もお箸の使い方も上手なご主人様にも大好評♪
動物性食品も登場していますが、お酒も登場していますし
マクロビオティックの要素たっぷりの和食です。




デザートは豆乳と抹茶のムースとフラットピーチ。
ムースは寒天とメープルを使って、少し柔らかめに仕上げました。
フラットピーチは夏ならではの旬のフルーツ!
切る前の写真を撮り忘れてしまったのですが、
桃の上下を潰したような平べったい形で味は日本の桃に似ています。
種が外れやすいので、切り分けるのも楽。
夏のフルーツで私の一番大好きなものです〜!




食べて飲んでおしゃべりして、次の日にはロンドン散策もご一緒させてもらいました。
お互いに学生時代には想像すらできなかった未来に住んでいて
様々な豊かさや幸せを手に入れ、悩みと向き合い、前へ前へと歩いている。
学生の時には憧れの先輩とこんな深い話はできませんでしたが、
人とのつながりはいつどんな風に化学反応するかわからないもの。
シェアするものがたくさんできて、とても有意義な時間を過ごさせて頂きました!
Aさん、ロンドンでお会いできて本当に嬉しかったです〜!!!
また世界のどこかでお会いする日を楽しみにしています♪





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/982-6af896a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。