自家製ペスト作り 

download-789.jpgdownload-787_20130822193423415.jpg
download-788.jpgdownload-790.jpg





今年の夏は太陽の恵みが燦々と降り注ぎ、ミラクルな夏になったお陰で
ガーデンのバジルも大量に実ってくれました♪
夏の香りを保存するべく、セリーヌと一緒にペストを作りました。




私と違って必ずレシピ通りにお料理するセリーヌは、何を作るにも料理本をみながら。
30年以上使っている本はボロボロだけど
セリーヌのメモが書き込まれていたりして歴史を感じます。
今回は「イタリア料理の基本」と書かれた35年前の本を使いました。
それにしてもこうして使ってもらえる料理本は本当に幸せですね!




「計量するならこれを使いましょう」と言ってセリーヌが出してきたのは
天秤ばかり(写真上)!!!懐かしい〜!
私が幼少時に祖父母が畑で収穫してきたインゲンを量るのに使っていました。
今でもこれを使ってるの?ときいたら「そう、私はクラシックが好きなの」とのこと。
プラスティックなものに囲まれた現代で彼女の家がとても落ち着くのは
クラシックなものがたくさんあるからなんだな〜



さてさて、私が作ったペストの主な材料は以下の通り。
バジル      100g
オリーブオイル  大さじ8
松の実      35g
にんにく     2片
塩        適量
パルメザンチーズ 30g




パルメザンチーズを使った本格的なものですが、全てオーガニック食材!
私はセリーヌが作ったレシピよりも松の実を多めにしてチーズは半分以下にしました。
塩気の多いパルメザンもハーブと組み合わせることで消化しやすくなるかな。
乳製品ゼロで作りたい方はオリーブオイルや松の実、くるみ、アーモンドなどの
ナッツを多めに入れてコクを足すといいと思います。
シソで作っても美味しそう!(シソ、食べたい〜)




作り方はパルメザン以外の材料をミキサーで滑らかになるまでかくはん、
それをボールに移し、手で削ったチーズを加えます。
個人的には松の実はローストしない方がクリーミーなコクと香りが出て好きです。
塩の量はチーズの量や質にもよりますので味見をしながらきめてください。




この日の夜はみんなでガーデンサパー♪
パスタを茹でて出来立てペストを絡ませて。
サラダのグリーンは畑で取れたレタスやカブのつまみ菜を使いました。
(ルッコラの後にカブを育てています)
バジルの爽やかさ、エキストラバージンオイルの香り、
ナッツとチーズの濃厚さ、あー美味しい〜!!!
チーズは頻繁に食べないのでこういう時には美味しいチーズの味わいが身にしみます。
火を通さないシンプルなペストは素材の味が素直に出ます。
とれたて新鮮なバジルに厳選材料の組み合わせで、住人全員に大好評でした♪


download-792.jpg





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/986-f8c9e0c7