お寿司でお誕生日会 

download-33_201308302053435bc.jpgdownload-28.jpg
download-704.jpgdownload-691.jpg




大家さんのピーターと、夏休みでロンドンに遊びに来ている
彼の息子:ジョンのお誕生日が立て続けにありました。
「みんなの大好きなお寿司をメイン料理したい」との依頼を受け
大家族の為にたくさんの巻き寿司を作りました!




酢飯には玄米と白米の両方を別々に炊いてごはんにも変化をつけました。
玄米のお寿司は普通のスーパーにも売っているので珍しいものではなく
しかも私は圧力鍋で炊くのでさらに食べやすくなり、けっこう人気なのです!
写真にはありませんが、黒米を入れた玄米は紫&ピンク色になってキレイですよ♪




具材はリクエストにお応えして、エビの天ぷら、きゅうり、人参、
卵、アボカド、生姜醤油でマリネしたパプリカ、ツナ。
大家さん達は以前に何度か私のお寿司を食べてもらっているので、
自分たちのお気に入りのトッピングが分かってきたようです。
栄養成分がたっぷりな玄米にはあっさりめの具材で、
リッチな食材は白米と一緒に合わせると食べやすいです。
そして醤油は本物のお醤油で。




巻き寿司もいいけど、手巻き寿司も楽しいかな〜と思って彼らに相談をしたら
「孫達が興奮しすぎて大変なことになりそう!
巻き寿司にしておいた方が良さそうね。」との事。
確かに楽しいけど慣れてないと手がべたべたになったり
具材がはみだしたり大騒ぎになるかも!
ということで、食べやすい巻き寿司にしておきました。




お寿司は子供達にも大人気でした!!!
4歳の男の子、ローリーは左上の写真のお寿司を全て一人で食べてしまいました。
両親もビックリ、今までにお寿司を食べた事はあまりないから
きっとローリーは食べないだろうと思っていたようです。
空のお皿を私のところに持ってきて、
「みんなの分も食べちゃったから、もう少しお寿司をもらえますか?」と、
なんとも可愛い依頼♪
予備のお寿司を乗せてあげたら嬉しそうにして、また食べてくれました。




ピーターの子供達&孫達はイギリス国内からそれぞれ集まってきました。
孫達への愛情はやっぱり特別で
ご挨拶や大人と話す時の礼儀にはとても厳しいですが、
大きく抱きしめてあげる時のピーターの顔は愛に溢れていてとても嬉しそう!
孫達は異文化交流、自然との触れ合いを大事にしている家庭で育っているようで
人懐っこくて賢い子供達!

download-694.jpg




おもちゃが全くないピーターとセリーヌのおうち、
親達もあえて何も持って来ず子供達のクリエイティビティを試しています。
と、そこで一人がプレゼントのリボンを使ってあやとりをし始めました!
小さい頃毛糸がすり切れるまで夢中になったあやとり、
イギリスでもほぼ同じ方法であやとりしていることにビックリ!!!
懐かしいな〜♪




あやとりしている写真の二人に「ここからどうやるんだったっけ?」と聞かれ
自分もすっかり忘れていることに気付きました。
あーでもない、こーでもないと試して、主人にも聞いて、結局分からず
Youtubeのお世話に。。。
(便利ですね〜 私は着物の着付けもお世話になっています)
それにしても子供達の創造力って素晴らしい!
なかったら作る、飽きたらまた新しいものを生み出す、
枠にとらわれずにすくすく育ってほしいものです。



お寿司以外にも、塩麹でマリネしたサーモンもお出ししました。
これもピーターとセリーヌのリクエストで、
主人の誕生日の時に食べた味がすごく気に入ったようで「もう一度食べたい!」
とリクエストしてくださいました♪
チリをきかせたマリネ液がしみ込んだサーモンは夏にもピッタリでした!




ピーターのパーティでお寿司もサーモンも大好評だったので、
一ヶ月後のジョンの誕生日にも全く同じメニューの依頼。
同じもので良いのかしら?って不安でしたが、
もはや私の料理はいつもの味になっているようで安心するのだとか。
こうして「食べたい!」と言って頼んでもらえるなんて、とても嬉しいことです。
ピーターのご家族にも喜んでもらえて
私たちもパーティに何度も参加させてもらえて楽しい時間でした♪
塩麹が切れてしまうので、そろそろ作らなくっちゃ!

download-29_20130830205342b16.jpg

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maquicita.blog70.fc2.com/tb.php/993-64b1db8e